都落ちじゃない?TOKIO国分太一、東海地区での冠番組スタートに“ある思惑”

アサジョ

2020/2/14 10:15


 TOKIO国分太一が2月2日から東海テレビの情報バラエティ番組「タイチサン!」をスタートさせた。国分の冠番組なのだが、東海地区のローカル番組とあって、世間からは“都落ち”などと揶揄されているが実はそうではない。ジャニーズの名古屋戦略の急先鋒だというのだ。

番組は「東海地方の“ざわめき”を放っておかない!」をコンセプトに、「食」「ひと」「こと」など、さまざまな“巷のざわめき”を深掘りしていくという内容。地域の魅力を発信するという地方ならではの番組と言える。

国分は昨年9月までTBS系の情報番組「ビビット」の司会を務めていたが、番組は終了。その後、新しいレギュラー番組がこの「タイチサン!」だっただけに、確かに「都落ち」感はぬぐえない。

ある芸能プロ関係者は、「名古屋対策に本気で乗り出してきた証拠でしょう」と言ってこう続ける。

「名古屋といえば、通称『ボイメン』と呼ばれる男性アイドルグループ『BOYS AND MEN』が絶大な人気を誇っている。名古屋のテレビ局は全てといっていいほどボイメン推しです。男性アイドルグループを束ねるジャニーズにとって、まだまだボイメンは脅威にはなりませんが、摘み取っておきたい芽ではある。ただ、いかんせんジャニーズが名古屋地区のテレビ局に多くのタレントを出演させていたこともなく、あまり影響力を持っていなかったこともあって、野放し状態だった」

そんな中でボイメンが人気は盤石となっていったが、さすがにジャニーズサイドもこの状況を放っておけなくなったのかもしれない。

「全国クラスの知名度を誇る国分に加え、NEWSの小山慶一郎と2人を投入して、名古屋地区の影響力強化を図ったと見られているんです。都落ちどころか、むしろジャニーズの急先鋒として、牙城を崩しにかかったとみられているんです」(前出・芸能プロ関係者)

名古屋の地で熱いバトルが繰り広げられそうだ。

当記事はアサジョの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ