白石麻衣、乃木坂46卒業後の恋愛を語る「まずは仕事」「少しずつ…」


乃木坂46の白石麻衣が、13日に放送されたTBS系バラエティ番組『櫻井・有吉THE夜会』(毎週木曜22:00~)にゲスト出演し、卒業後の恋愛について語った。

映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』(2月21日公開)の宣伝を兼ね、千葉雄大と共に出演した白石。25thシングル(3月25日発売)の活動をもって乃木坂46を離れることもあり、卒業にも質問が及んだ。

白石は、「卒業を意識したのは2年前。決心ついたのは、去年の夏頃です」と明かし、「夏頃に後輩がセンターになった楽曲が出たんですけど、すごく頼もしく成長して『もう任せられるな』と思ったので、今のタイミングしかないと思って」ときっかけを説明。

卒業後は「免許を取りたい」とうれしそうに話し、“みちょぱ”こと池田美優から「アイドルを卒業したら、恋愛OKになるじゃないですか。やっぱり、恋愛したいですか?」と問われると、「まずは仕事を充実させたい」と即答。MCの有吉弘行から「仕事を充実させるためには恋が必要ですからね」とさらに踏み込まれ、白石は困りながらも「じゃあ、少しずつ……」と笑顔を見せていた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ