佐藤健公式LINEの恋人感がすごい。菅田将暉との三角関係を楽しむ猛者も

女子SPA!

2020/2/14 08:45

 俳優の佐藤健(30)の公式LINEが「彼氏感がすごすぎる」とSNSで話題になっています。公式LINEとは、有名人がオフィシャルに登録しているLINEのアカウントのことで、友達登録をすると彼らの情報が送られてきます。活動情報やメディアへの出演情報など、いわゆる宣伝が多い中、佐藤健(以下、健と呼ばせてください)の公式LINEは多くの女性たちを潤しているようです……。

◆生々しさと生活感漂うメッセージに震える

有名人の公式LINEといえば、先述したように宣伝内容が多いことが特徴です。しかし、健の公式LINEは宣伝よりも、ファンをドキドキさせることに心血を注いでいるようで、送られてくるメッセージ内容がやけにリアル。まるで、健本人と直接会話をしているのかと錯覚するほど、生々しく生活感漂うメッセージが送られてきます。

「あとでラインする。」一斉送信されているため、どんなに待っても続きのメッセージがこないことはわかってはいるのすが、思わず「待ってるね♪」とウキウキ返信をしてしまいそうになります。

そして、少々ぶっきらぼうなこの一文にゆるすぎるスタンプ。ねこ!? とギャップにたまらず悶えベッドを転がりそうになります。

このあとも「家?」など、恋人同士かと錯覚してしまいそうな健からのメッセージが届き続けます。あやうく、本気で返信をしてしまいそうになります。

トーク一覧画面に「佐藤健」が並ぶのも、なんだかドキドキさせられます。

◆彼氏口調にだんだんハマりはじめる

ある日は、仕事終わりに健からメッセージが。

「ご飯いってくる」。送信時刻は20時31分。送ってくる時間も絶妙です。タイミングも文面もあまりにリアルなので、妄想はどんどん膨らみ、「誰と行くの? 私も一緒に行きたい」と本気で健のことを思う始末。その後、「所詮、これは佐藤健公式LINEの中の人が送っているものだ」と我に返るのですが、健はこれでは終わりません。なんとその1時間半後にこのメッセージと文面が送られてくるのでした。

そうか、千鳥のノブと飲んでいるのか。そりゃ、しょうがないな。楽しんできてね、という気持ちに。もはや中の人が送っていようが、公式だろうがどうでもよくなるリアリティと楽しさ。恐るべし佐藤健公式LINE。その後もノブは健のLINEに度々登場するのでした。

◆タイミングと内容があえば完全に彼氏

健とのリアルなメッセージのやりとりを文面上で試み、SNSで話題になっている猛者達もいます。健からのメッセージはもちろん一斉送信なのですが、こちらが送ったメッセージと健のメッセージをあわせて、奇跡的につながった会話を楽しんでいるようです。

さきほどの「ノブとご飯いってくる宣言」も……

18:04「昨日わたし電話出来なかったんだけどww 他に女いるでしょ」

翌日

20:31「(健)ご飯いってくる」

20:50「うん。」

22:11「(健)ノブ」

とつながれば、ピリピリとした空気をノブでうまいこと丸めこまれたみたいに。タイミングと文面をうまくあわせて起こした奇跡とはいえ、ここまでくると、もはや本当の彼氏なんじゃないかと錯覚してしまいそうになります。

◆佐藤健本人がメッセージを送信しているという衝撃

健からの「ただいま」「おはよう」「収録終わった」など、まめな配信とかわいすぎるスタンプに対し、SNSでは「好きになりそう」「本当の彼氏より断然マメでいい」「LINEの返信を怠っている男性は、佐藤健に彼女をとられるぞ」というコメントが続出。世の中の女性の心を鷲掴みにしているようです。

さらに、モデルプレスのインタビューで健は、「公式LINEは、人に迷惑がかからない範囲で、家や仕事先で起きたことをリアルタイムで送信している」と告白。メッセージが中の人でもなく、正真正銘の健からのものだと知れば、さらにドキドキがとまりません。

しかし、そんな健にもライバルが登場しているようです。まめな配信とはいえ、絶妙な間隔に焦らされている女性を、即レスで癒してくれる「菅田将暉(以下、将暉)」です。将暉はメッセージ受付中のみのやり取りですが、その返信の速いこと。内容は正直意味不明ですが、受け手を楽しませてくれる将暉と健との三角関係を楽しんでいる更なる猛者もいるようです。

佐藤健の公式 LINEの友達数は240万人を突破。彼の「ファンを楽しませよう」「盛り上げよう」とする計らいにも、ワクワクがとまりませんね。友達登録をして、毎日のトキメキと癒しにしてみてるのもいいかもしれません。

※数字は2月13日時点です

<文/瀧戸詠未>

【瀧戸詠未】

ライター/編集者。趣味は食べ歩き・飲み歩き。

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ