「サッカー経験者ではありませんが」 武井壮、本田圭佑設立のOneTokyoFC監督に就任

ガジェット通信

2020/2/14 08:15



「百獣の王」の異名をもつタレントの武井壮さんが、サッカー元日本代表の本田圭佑選手が設立したサッカークラブOneTokyoFCの初代監督に就任したことが分かった。

同クラブは本田選手が「東京から世界に影響を与えられるサッカークラブを創りたい」「そのサッカークラブをみんなと一緒に作りたい」として今年1月にゼロから立ち上げ、監督や選手のスカウト・獲得などを含めてファンが主体となる「リアルサカつく」を宣言し話題を呼んでいた。

このたび、武井さんや2ちゃんねる開設者である西村博之氏などを含む7名の候補者の中から初代監督を決定するファン投票が行われていたが、その結果、本田選手が自身のTwitterで武井さんの監督就任を公表。

それを受け、武井さんは「サッカー経験者ではありませんが、さまざまな能力を持ったメンバー達のサポートを活かしてチームにエネルギーと新たなビジョン、モチベーションを与えられる監督になりたいです!!」と意気込みをツイートした。

武井さんと言えば、陸上十種競技元日本チャンピオンで世界マスターズ金メダリスト(M45クラス、4×100mリレー)の一流アスリート。独自のトレーニング理論や成功理論がネット上でもたびたび注目を集めている。

武井さんのツイートのリプライ欄には、


・応援します!!

・めっちゃ新しい試みでどうなるか楽しみです

・もっとサッカーを盛り上げて下さい!

・こんなワクワクしかないサッカーのプロジェクト、初めてかも!!

・サッカー経験者でなくとも良い指導者になれるというところを見せてくれ!!


などと期待の言葉が数多く寄せられている。

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ