新田真剣佑 シリーズ史上最恐の敵・縁(えにし)役!「身を削りながら撮影した」とダブル最終章を述懐【るろうに剣心最終章】

ガジェット通信

2020/2/14 08:45



日本映画の歴史を変えたエンターテイメント&アクション感動大作『るろうに剣心』シリーズの最新作、『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』が、それぞれ7月3日(金)、8月7日(金)より2作連続で全国公開になりますが、シリーズ史上最恐の敵・縁(えにし)役で新田真剣佑さんの出演が判明!待望のビジュアルが解禁され、話題になっています。

縁(えにし)は上記2作品に大きく関わる剣心の<十字傷の謎>を知る男で、上海マフィアの頭目。中国大陸の裏社会を牛耳る謎の武器商人であり、武器や軍艦を送り込み、志々雄真実を操っていた男となります。剣心に強烈な恨みを持ち、剣心だけでなく剣心と関わるものすべて、そして剣心が作り上げた新時代をも破壊するために、<人誅>を仕掛けてくる、そうですが、その重要キャラクターを近年、映画・ドラマなどで話題作への出演が途絶えず、飛びぬけた身体能力と繊細な表現力を併せ持った新田真剣佑さんが演じることに。たった一枚のビジュアルですが、トンデモないキャラクターであることはビンビンに伝わってくるようです。





新田さんは壮絶な撮影を振り返り、「とてもハードでしたが、大友監督やアクション監督の谷垣さん、アクションチームに支えられながら、本当になんとか乗り越えられました。何日も撮影が続き身体も悲鳴をあげていましたが、すごく良い経験になりました。また、セットも巨大で大規模な撮影でしたので、毎回驚いていました」とコメント。そして、「冒頭からすごいアクションがあります。そして、剣心と縁が出会うシーンや、剣心との闘いを繰り広げるシーンを、身を削りながら撮影したので是非見てもらいたいです。僕も一ファンとして過去3作品全部を観ていますが、この作品もとても面白くなっていると思いますので、是非縁を含め期待して待っていてください」と、作品の出来に自信!『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』などで抜群の身体能力を披露した新田さんが、佐藤健とどのようなアクションを披露するのか、もう期待しかない!



『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』は、それぞれ7月3日(金)、8月7日(金)より2作連続で全国ロードショー!

(執筆者: ときたたかし)

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ