水野美紀、岸井ゆきの、坂田利夫…『浦安鉄筋家族』大沢木ファミリー笑撃のキャスト解禁

クランクイン!

2020/2/14 07:00

 浜岡賢次による人気ギャグ漫画シリーズを、俳優の佐藤二朗を主演に迎えてドラマ化する『浦安鉄筋家族』(テレビ東京系/4月より毎週金曜24時12分)より、主人公・大鉄(佐藤)を取り巻く大沢木ファミリーを演じるキャストが発表された。水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫らが出演する。

「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で25年以上にわたり連載を続けている大人気ギャグ漫画シリーズ『浦安鉄筋家族』初のドラマ化となる本作は、千葉県浦安市に住むパワフルな一家・大沢木家が巻き起こす、どんな些細な出来事もドンチャン騒ぎになってしまう家族のエクストリーム・ホームコメディ。佐藤演じる大鉄をはじめ、個性豊かな大沢木家メンバーや近所に住む仲間達が、“常に全力”で愛らしい浦安の日常を繰り広げる。主演を佐藤が務めるほか、ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日)シリーズの瑠東東一郎が監督、ヨーロッパ企画の上田誠が脚本を担当する。

今回発表されたのは、主人公の大鉄(佐藤)を取り囲む大沢木一家を演じるキャスト。水野が演じるのは、大鉄の妻であり大沢木家の影の大黒柱・順子役。順子は料理上手で子煩悩、普段はおしとやかだがスイッチが入ると誰もその暴走を止められない。水野は「順子を演じるにあたって、逆に意気込みだけしかありません。それ以外はどうすれば良いのか分かりません。そして大鉄役の佐藤二朗さんの印象はクレイジー。このドラマはコンプライアンスに抵触していそうなところが見どころ。岸井ちゃんの入浴シーンもあるかもしれません。ないかもしれません」とユーモラスにコメント。

岸井が演じるのは、大沢木家の長女・桜役。家族の中で一番まともに見えるが、彼氏のこととなると盲目になり、恋人関係を守るためならすべてを捨てて全力奔走する、メルヘンかつ現実的な女の子だ。岸井は「数多くのファンの方がいるこの作品に関わることはプレッシャーが大きく、漫画を読み返しては悩んだりもしました」と明かし、「ですが、台本が届き、読みはじめた瞬間に文字から飛び出す楽しげな大騒ぎとそのハチャメチャさに、今はただワクワクしています。周りにどう思われようと、なにが起きようと、なんだかんだ家族を愛している大沢木家同様、わたしもこのチームを愛し、最終回まで突き進んでいきたいと思います!」と意気込みを語っている。

そのほか、大沢木家の長男で、アニメ・発明オタクで大沢木家の自宅警備員を務める永遠の浪人生・晴郎役に本多、大沢木家の次男で浦安一のおバカな小学生・小鉄役に斎藤、大鉄の父で腰痛持ちの高齢だが、とっさにとんでもない反射神経を発揮する金鉄役には坂田利夫が扮する。そして、大沢木家の三男・裕太役は、諸事情(?)により制作スタッフの愛息子であるキノスケに決定している。

ドラマ24『浦安鉄筋家族』はテレビ東京系にて4月より毎週金曜24時12分放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ