【連載】寝室づくりも無印におまかせ!《無印》でつくる、狭くても快適なベッドルーム

folk

2020/2/14 02:00

寝室づくりも無印におまかせ!


春からの新生活や新学期に向けて、これから新たにお部屋づくりをされる方も多くなる時期ですね!

わが家では、子どもが小さいうちは和室で寝ていましたが、最近になって2階にベッドを置いて寝室を作りました。

そんな寝室づくりの時にも、無印良品の家具やグッズが大活躍!

今回は、無印で購入したベッド(脚付マットレス)のレビューと、無印グッズを使った寝室づくりのアイデアをご紹介します。

無印でつくる、狭くても快適なベッドルーム

無印の脚付マットレス


無印の脚付マットレス

https://folk-media.com/

2階の寝室では、無印の脚付マットレスを2台並べて使っています。

無印の脚付マットレスは、ベッドに比べてリーズナブルに購入できるうえ、マットレスの種類と脚の高さを自由に選べるのもメリットです。

わが家は固めが好みなので、ボンネルコイルマットレスを選びました。

20cmなら引き出しも置ける


20cmなら引き出しも置ける

https://folk-media.com/

脚は、10cm・12cm・20cm・26cmの4種類から高さを選べて、わが家は20cmに。

20cmの脚にすれば、無印のポリプロピレン引出しや、ソフトボックス衣装ケースなどをベッド下に置くこともできます。

脚のカラーも、ナチュラル・ブラウン・スチール(黒)の3種類あるので、インテリアに合わせて選べるのも嬉しいポイントです。

ヘッドボードがないので広く使える


ヘッドボードがないので広く使える

https://folk-media.com/

無印の脚付マットレスは、ベッドと違ってヘッドボードがないのも特徴のひとつ。なので、その分ベッドの長さが短く、場所を取らないので狭いお部屋にもぴったり!

6畳の部屋に2台設置したところ


6畳の部屋に2台設置したところ

https://folk-media.com/

6畳ほどの部屋に2台の脚付マットレスを置いて、こんな感じの広さです。

ヘッドボードがないため、足元側もスペースに余裕があり、スムーズに通り抜けることができます。

脚も20cm程度ならベッドが高くなりすぎず、圧迫感なく置くことができますよ。

ボックスシーツも無印


ボックスシーツも無印

https://folk-media.com/

無印にはボックスシーツの種類も豊富にあり、綿やリネン、サッカー生地など、生地もさまざま。

私は綿洗いざらしのボックスシーツを選びました。普段使いしやすいリーズナブルさと、ほどよい柔らかさがお気に入りです。

ベッドサイドにユニットシェルフ


ベッドサイドにユニットシェルフ

https://folk-media.com/

ベッドサイドには、無印のパイン材ユニットシェルフを置いて、スマホやティッシュなどを置けるようにしています。

奥行き26cmタイプなら、場所を取らずにスリムに置けて、狭い寝室でも邪魔になりません。

背面が抜けているので、圧迫感がなく広く感じられる効果もありますよ。

絵本はアクリル仕切りスタンドで


絵本はアクリル仕切りスタンドで

https://folk-media.com/

ベッドサイドのシェルフには、寝る前に子どもと一緒に読む絵本も置いています。

パイン材ユニットシェルフにアクリル仕切りスタンドを置き、絵本を立てて。ブックエンドのように倒れることがないので、子どもでもラクラク絵本の出し入れができますよ。

ライフスタイルの変化にも対応できる


ライフスタイルの変化にも対応できる

https://folk-media.com/

6畳ほどの寝室ですが、無印の脚付マットレスとユニットシェルフなら、ベッド2台+シェルフを置いても圧迫感なくすっきり。

シングル2台を並べて、私+子ども2人(4歳・8歳)で寝ていますが、十分ゆったり眠れています。

将来、子どもが個室を持つときには1台ずつ使うこともできますし、重いフレームのベッドに比べて移動もしやすいので、ライフスタイルの変化に対応しやすいメリットも。

揃えるのもリーズナブルで、総合的にとても満足な寝室ができました!

無印で快適な寝室づくりを♪


無印の脚付マットレスは、ベッドに比べてリーズナブルで、移動などもしやすいので、これから成長するお子さんのいらっしゃるご家庭や、お引越しの多い方にもおすすめです。

好みのマットレスや脚を組み合わせて、自分好みの脚付マットレスを作れるので、ぜひ無印の店舗でチェックしてみてくださいね!

当記事はfolkの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ