三代目JSB、昨年ライブで一番テンションが高かったのは誰?

ananweb

2020/2/13 21:00

今年、デビュー10周年を迎える三代目 J SOUL BROTHERS。3月18日にリリースされるニューアルバム『RAISE THE FLAG』のお話をはじめ、10周年を迎えて今思うことなど、たっぷり語り合っていただきました。

――『RAISE THE FLAG』はどんなアルバムですか?

NAOTO:’19年は新しい三代目J SOUL BROTHERSを掲げるという意味で“RAISE THE FLAG”をテーマに活動してきました。ツアーもやって、世界観の異なる3枚のシングルを発表して、それらをすべて凝縮した集大成のような作品です。

今市隆二:自分たちの中で過去一番長い期間開催させていただいたツアーのLIVE DVDも入りますので、’19年の自分たちをすべて感じていただけるパッケージになっていると思います。

――ドキュメンタリームービーも収録されているんですよね。

今市:完成前なので、まだ見られていないんですけどね。

ELLY:うん、まだ見てないわ。

NAOTO:でも、インタビュー撮ったよね?

山下健二郎:撮りましたね~。

NAOTO:メンバー一人一人について語らされた!

登坂広臣:たしかに。

NAOTO:結構照れるやつ。

山下:あったなー。

NAOTO:ああいうのさ、超照れくさくない?

今市:でも、そういう時にしか言えなかったりするんで。

NAOTO:まぁ、たしかにね。

今市:って、今言ったことですら恥ずかしくてイヤです(笑)。言って失敗した!

岩田剛典:あははは!

NAOTO:後で見てさ、他のみんなが自分のことしゃべってる時の尺がめちゃくちゃ短かったりすると悲しくない?(笑)

今市:わかります。ちょっと気にしますよね(笑)。

NAOTO:「めちゃくちゃいい人ですよね」で終わり、とか。あれー? もうちょっと語ることなかった? みたいな(笑)。

6人:あははは!

今市:でも意外と、「あぁ、そんなこと思ってたんだ」ってことも結構ありますけどね。

山下:俺、もう何を話したかすら覚えてないもん。

登坂:あれはこれから自分たちで見るのも楽しみだよね。

ELLY:「NAOTOさんはストリート時代からカリスマ性があって、それが今開花していって、ファッションブランドとかもやっていてすごい……」

NAOTO:何それ! 今、再現してくれてんの?(笑)

ELLY:そう(笑)。あの時、こんなこと言った気がするわ。

NAOTO:めちゃくちゃ覚えてんじゃん! しかもそれ、今ここで言っちゃうの?(笑)

登坂:生で言うっていうね(笑)。

山下:俺、全員褒めちぎったような気がするなー。

岩田:俺も全員褒めちぎった。

NAOTO:そりゃあ…(隣の席の岩田さんのペットボトルの水を飲もうとして…)って、間違えた。

岩田:別にいいですけど(笑)。

NAOTO:俺だっていいよ?

6人:あははは!

――個人活動も経て10周年を迎えた今、7人で集まった時に改めて思うことはありますか?

山下:昨年の「RAISE THE FLAG」ツアーは、僕だけ1年4か月ぶりのライブだったんですよ。NAOTOさん、直己さん、がんちゃんはEXILEも兼任していますし、他のお三方はソロでツアーを回ったりしていたので。

登坂:お三方(笑)。

山下:ボーカルと、マイク持たれる方はね。

ELLY:マイクチームね(笑)。

山下:僕はその間、細々と個人活動をやっていたんですけど、7人で久々にリハをやった時、すっごく楽しくて。本番のステージに立った瞬間、僕がたぶん一番テンション高かったと思います。

登坂:いや、俺のほうが高かった。

ELLY:いや、俺だね。

NAOTO:俺だよ。

今市:俺です。

岩田:俺だなー。

小林直己:俺かな。

山下&ELLY:(小林さんに対して)どうぞ、どうぞ。

今市:なんだこれ(笑)。

ELLY:でも、たしかに言ってましたよね。「俺だけライブないじゃん!」って。

今市:そうだったんだ。

NAOTO:寂しいよね。

山下:寂しかったですね。だからツアーが始まった時、めっちゃ楽しくて。一応、僕も’18年の秋に「山フェス」っていうのをやってたんですけどね。

ELLY:あれ、輝いてた!

山下:あははは!

ELLY:歌ってたんですよ。

山下:そう。歌もかじらせてもらって。

小林:会場どこだっけ?

山下:横アリです。

NAOTO:すげぇじゃん! 横アリで歌ってんの?

小林:1万人でしょ?

山下:8曲くらい歌わせていただきました。

NAOTO:8曲も!?

登坂:めちゃくちゃ歌ってんなー。

山下:気持ちよくやらせていただいて、楽しかったです!

――他のメンバーの方のソロ活動で刺激を受けたことは?

登坂:それはなんといっても、『アースクエイクバード』(小林さんのハリウッド進出作)でしょ。

山下:あれはすごかったなー。

ELLY:すごかった!

今市:まじでかっこよかった!

岩田:素晴らしかったです。

小林さん以外の6人:(拍手)

NAOTO:禎司さーん(小林さんの役名)!

小林:(お茶を飲む)

登坂:ちゃんと、“ここでお茶を飲む直己さん”って書いておいてください(笑)。

小林:……。

NAOTO:って、せっかくなんだから何か語りなさいよ!

ELLY:そうですよ、何か語ってくださいよ!

山下:多くは語らないのね。

岩田:そこも武士なんだなー。

小林:いやいや、そんなことないけど(笑)。まぁ、そうですね、’18年くらいから、今グループでやれることはもうやりきった感覚がどこかにあって、これ以上の夢を叶えるためにはもっと個人が成長しなければいけないと自分も含め、みんな言葉にしなくても感じていたと思うんですよ。正直、その頃はすごくフラストレーションがあった。それから、ソロ活動を通して成功や挫折といったさまざまな経験を経て、改めてグループの大きさというものを感じ、それを踏まえてのRAISE THE FLAGツアーだったんです。そこで僕がすごく印象に残っているのが、「7人のパフォーマンスが見やすいステージにしようよ」とみんなで話したこと。たくさんのサポートメンバーや大きなプロダクションというのもLDHのエンターテインメントの魅力の一つではあるのですが、今回は7人がしっかり見えるということにもこだわりました。そしてそのツアーを終えた時に、多くの人に受け入れてもらえた手応えがあった。そこで、“三代目でまだできることはある、すべきこともあるのかもしれない”みたいな使命感が生まれたんですよね。10年一回りというのは本当なんだなぁと。10年目にして、このグループに対して改めて向き合った気がしますね。

登坂:完璧です…!

山下:僕が言いたかったのはそれです。

6人:あははは!

――7人の絆を再確認したエピソードがあれば教えてください。

NAOTO:昨年末に『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』で三代目の特番をやらせていただいたのですが、それは今まで出演した中でも一番笑いあり、涙ありの内容だったんです。一人一人が三代目についての思いを語る、みたいな。普段、他の6人の目の前で三代目について語るなんてことは100%ないんですけど、やっぱりみんな仕事だからやるわけです。でも途中から、だんだんみんなマジになってきて。やっぱり真面目だなぁと思ったのと(笑)、普段だったら聞けないような思いが聞けて、あれは結構自分の中で大きかったです。その収録の後から、メンバーとの空気感も変わったかなと思いますね。

――どう空気が変わりました?

NAOTO:もちろん、今までも仲が良かったんですけど、より仲が深まったというか、雰囲気が明るくなりましたね。やっぱりグループって生き物なので、周期みたいなものがあるんです。めちゃくちゃ仲が良くても、疲れが溜まっていたり、表現をし続けていたりすると、空気感が明るくなくなることもあって。ちょうどその少し前も、いろいろな決断を迫られたりしてストレスが重なっていた時期だったんですけど、その番組のおかげで、結局みんな三代目のことを愛しているし、メンバーのことが好きっていうことを全員がキャッチできたんです。何かを面と向かって語ることはしなくても、“だよね”という再確認ができたので、今は青春真っ只中という感じで、現場でも結構みんなイチャイチャしてますね(笑)。

6人:あははは!

なおと 1983年8月30日生まれ、埼玉県出身。リーダー兼パフォーマー。TBS系『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』に出演中。初主演映画『ダンシング・マリー』も年内公開。ブルゾン¥470,000 シャツ¥120,000 Tシャツ¥40,000 パンツ¥115,000 ブーツ¥100,000(以上Saint Laurent by Anthony Vaccarello/サンローラン クライアントサービス TEL:0120・95・2746) その他は本人私物

いまいち・りゅうじ 1986年9月2日生まれ、京都府出身。ボーカル。今年1月、ソロアルバム『ZONE OF GOLD』リリース。今市さんと登坂広臣さんの2人によるソロツアーが現在開催中。ブルゾン¥610,000 シャツ 参考価格¥200,000 パンツ¥85,000 ベルト¥37,000 シューズ¥75,000(以上Saint Laurent by Anthony Vaccarello/サンローラン クライアントサービス TEL:0120・95・2746) その他は本人私物

エリー 1987年9月21日生まれ、青森県出身。パフォーマー。CrazyBoy名義で、ソロアーティストとしても活躍。公式YouTubeチャンネル「クレイジーTV」も大好評配信中。ジャケット¥203,000(Rick Owens/イーストランド TEL:03・6712・6777) その他は本人私物

やました・けんじろう 1985年5月24日生まれ、京都府出身。パフォーマー。主演映画『八王子ゾンビーズ』が6月5日に公開予定。YouTubeチャンネル「山下健二郎の釣りベース」を配信。コート¥410,000 スニーカー¥107,000(共にVALENTINO/ヴァレンティノ インフォメーションデスク TEL:03・6384・3512) その他はスタイリスト私物

とさか・ひろおみ 1987年3月12日生まれ、東京都出身。ボーカル。2019年、映画『雪の華』に主演するなど俳優としても活躍。今年1月、ソロアルバム『Who Are You?』をリリース。ジャケット¥400,000 Tシャツ 参考価格¥40,000 パンツ¥60,000 ブーツ¥135,000(以上Saint Laurent by Anthony Vaccarello/サンローラン クライアントサービス TEL:0120・95・2746) その他は本人私物

いわた・たかのり 1989年3月6日生まれ、愛知県出身。パフォーマー。公開中の映画『AI崩壊』に桜庭誠役で出演。ドラマ『シャーロック』のBlu‐ray‐BOX&DVD‐BOXが5月8日発売。シャツ¥115,000 Tシャツ¥40,000 ネックレス各¥45,000 パンツ¥70,000 ベルト¥37,000 シューズ¥85,000(以上Saint Laurent by Anthony Vaccarello/サンローラン クライアントサービス TEL:0120・95・2746)

こばやし・なおき 1984年11月10日生まれ、千葉県出身。リーダー兼パフォーマー。俳優としても活躍。ハリウッド進出作『アースクエイクバード』はNetflixにて独占配信中。ブルゾン、パンツ、ブーツ すべて参考商品(TOM FORD/トムフォード ジャパン TEL:03・5466・1123) その他はスタイリスト私物

2010年11月10日に1stシングル『Best Friend’s Girl』でメジャーデビュー。最新アルバム『RAISE THE FLAG』にライブ映像『三代目 J SOUL BROTHERS LIVE TOUR 2019“RAISE THE FLAG”』も付いた“RAISE THE FLAG”の集大成ともいえるプレミアムパッケージが3月18日発売。

※『anan』2020年2月19日号より。写真・森山将人(TRIVAL) スタイリスト・渡辺康裕(W) ヘア&メイク・千絵(H.M.C) RYO 下川真矢 MAX メイク・船引美智子 プ取材、文・菅野綾子 撮影協力・バックグラウンズファクトリー AWABEES

(by anan編集部)

当記事はananwebの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ