Little Glee Monster「大感動」Earth, Wind & Fireとコラボ

TOKYO FM+

2020/2/13 17:00

Little Glee Monsterが、2月12日(水)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。この日発売のニューアルバム『BRIGHT NEW WORLD』について、パーソナリティ・とーやま校長の質問に答えました。その後編では、前半の流れから“校長 VS リトグリ”の状態で楽曲についての感想を伝えた場面からお届けします。
前編はこちら



とーやま校長:俺から言わせてもらいたいのはぁ、『BRIGHT NEW WORLD』が本日発売でおめでとうございます、ということなのよ。

リトグリ:ありがとうございます(笑)。

とーやま校長:もちろん日本のアーティストだから日本に向けての曲もあるけど、世界を意識した……世界を見ている曲も入っているなって思うんだけどぉ、実際にそういうところあったでしょ?

リトグリ:はい。

とーやま校長:俺はぁ特にぃ、(7曲目の)「move on」と(8曲目の)「SPIN」が続くところは一気に雰囲気が変わってさ、もっと大きいところを目指して勝負したいんだなってことが、すごく伝わったんだけどぉ?

MAYU:怒ってんだか褒めてんだか……(笑)。

アサヒ:そうですね。結構、今までにないリトグリの感情を意識してやりましタァ。

とーやま校長:……ヨロシクゥ!

リトグリ:(笑)。

とーやま校長:(笑)。あと2曲目の「I Feel The Light」でフィーチャリングした方を、改めて教えてもらえますか?

リトグリ:Earth, Wind & Fireです。

とーやま校長:この事実、半端なくないですか? レジェンドという言い方すらできない……みんな聴いたことあるもんね? 『Do you remember~♪』(「September」の歌詞)とか、絶対知ってますよね。

リトグリ:はい。

とーやま校長:しかもオリジナルの曲でしょ?

芹奈:そうなんです。一緒に制作しました。

とーやま校長:あの、Earth, Wind & Fireの皆さんと一緒に制作ってどういうことなの?!

かれん:元々は、2017年の来日武道館公演で、サポートアクトをさせていただいたんです。そこで一緒に「September」を歌わせていただいたりしたんですけど、そのときにボーカルのフィリップ・ベイリーさんが「一緒に曲をできたらいいね」と言ってくださって。でも、まさか本気で言ってくれてるとは思っていなかったんです。

とーやま校長:口約束みたいな?

かれん:はい。そんな感じかなと思ったら2年後の2019年に実現しまして、L.A.にレコーディングに行ってきました。

とーやま校長:Earth, Wind & Fireさんとの共演、共作はどうでしたか?

manaka:楽器録りを見させていただいてから歌録りだったんですけど、楽器録りも目の前で見られて大感動でした。芹奈とかはずっと聴いていたので……。

とーやま校長:親の影響とかですか?

芹奈:そうですね。母親がすごくブラックミュージックが好きでめちゃめちゃ聴いてたんですけど、私たちの曲を情熱を込めてレコーディングしてくださっている姿を見たら、ちょっとウルっときましたね。

manaka:嬉しかったです。

とーやま校長:お母さんには報告したんですか?

芹奈:あえて報告しなかったんです。ファンの皆さんと同じタイミングで知ったんですけど、「すごい」っていう連絡はきましたね。絵文字たくさんの(笑)。「誇りに思う」って言われたので、親孝行ができたなと思います。

とーやま校長:1曲目の「ECHO」でブチ上がってからの、2曲目の「I Feel The Light featuring Earth, Wind & Fire」という流れも最高ですよね。

――ここで、「I Feel The Light featuring Earth, Wind & Fire」をオンエア

とーやま校長:めちゃめちゃかっこいいわ。自分たちでもそう思うでしょ?

かれん:思いますね。

とーやま校長:……2敗目。今のところ0勝2敗ね。俺はコラボしたことないんで。

リトグリ:(笑)。

とーやま校長:そして、さっきも話した(7曲目の)「move on」と(8曲目の)「SPIN」ですが……世の中の方が思うLittle Glee Monster像ってあるかもしれないんですけど、全然そうじゃないですよね。

リトグリ:そうですね。

とーやま校長:こういう曲をやってみよう、となったのは、どういうところからですか?

MAYU:今回のアルバムを制作するときに、5人とスタッフさんで仮歌をたくさん聴いたんです。その中で特にこの2曲は……普段私たちは聴く音楽がバラバラなんですけど、全員が「やってみたい! かっこいい!」と最初に一致したんです。私たちってパワフルな……声を張って歌うみたいな印象をお持ちだと思うんですけど、抜いてもかっこいいというか、抜き感? 大人のセクシーさというか、いいエロさが出たような2曲になりました。これをアルバムでできたのも、私たちはすごく嬉しかったです。

――ここで、リスナーのメッセージを紹介
【リトグリ先生、校長とケンカしないで!(16歳女性)】

とーやま校長:ほかにも、『今日の校長怖い』、『リトグリ先生がかわいそう。やめてあげて!』とか……。

リトグリ:ほらぁ!

芹奈:ずっと手が震えてるんですよ!

MAYU:笑顔作るの必死!!

とーやま校長:おい! manaka的にはどうなんだよ!

manaka:最初からずっと怖かったです……。

とーやま校長:ずりぃ! 他にも『ギスギスしたまま終わらないでくれ』とか言われてるけど……芹奈、どうなんだよ?!

芹奈:このままギスギス終わるかもしれねぇ。

リトグリ:(笑)。

とーやま校長:……角刈りの方ですか?(笑)。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年2月20日(木)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:とーやま校長
放送日時:月~木曜 22:00~23:55金曜 22:00~22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/

当記事はTOKYO FM+の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ