鈴木杏樹の相手・喜多村緑郎は、尾上松也の妹とも不貞か

アサジョ

2020/2/13 13:40


 鈴木杏樹との不貞が報じられた俳優・喜多村緑郎の妻・貴城けいが、2月13日発売の「週刊文春」で苦しい胸の内を明かしている。

同誌に鈴木への思いを聞かれた貴城は、涙ながらに「私がいることを知っていたのに‥‥信じられません。ご自身も結婚されていたのなら、どうしてこんなことを‥‥。やっぱり私は彼女を許すことはできません」と答えたとある。

この報に対してネット民は《確かに杏樹が悪い。奥さんの心痛は察するに余りある。ただし、それ以上に最低なのはあなたの旦那様です》《鈴木も悪いが、旦那がいちばん悪い》《貴城さんは杏樹さんを許せなくて当然でしょう。ただいちばん悪いのは喜多村さんだと思う》など、貴城の鈴木に対する怒りはごもっともだが「旦那さんを許さないと思うのが先ではないか」というのが、大方のジャッジだった。

報道後、2人は不貞関係を認めてコメントを発表。この時、鈴木が「お相手から独り身になるつもりでいるというお話があり、お付き合いを意識するようになりました」と釈明し、貴城に対する謝罪の言葉がひとつもなかったことから、鈴木は失礼であるとさらなる批判を浴びることに。しかし、このコメントも喜多村が草稿したものだという。

「喜多村は、妻との別れを言葉で伝えただけでなく、別居のためのマンションまで契約していたといいます。しかも、13日発売の『女性セブン』によると、喜多村は自身が所属する劇団新派の女優であり、歌舞伎役者の尾上松也の妹、春本由香とも不貞関係となり、不貞でありながら『俺の子どもを産んでほしい』とも言っていたのだとか。女性関係については、何かと問題のある人物のようです」(芸能記者)

鈴木は、それでもまだ喜多村との不貞愛を続けるのか。ぜひ、本人の言葉で語ってほしいものだ。

当記事はアサジョの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ