キヤノンEOS R5ズバ抜けすぎ。8K動画撮影に手ブレ補正内蔵って

20200213gizmodo_eosr5
Image: Canon

でも、お高いんでしょう?

フルサイズミラーレス戦線に地殻変動が起きるかもしれません。2月13日、キヤノンが「EOS R5」の開発を発表したのですが、コイツが実にグッとくるGoody & Goodyなフルサイズボディの予感がしてならんのです。

詳細なデータは一切不明。しかし8K動画撮影機能を持つというのだから、 きたか...!! ガタッのAAを貼りたくなるセンサーを積んできたのは確実。アスペクト比を考慮すると4000万画素超のセンサーとなるはず。デカくて細かくてしかも読み出し速度がチョッ速い。雄叫びをあげろ案件じゃないですかモウ。

ボディ内蔵手ブレ補正もきました...ようこそ現代へ...ほろり。でもキヤノンがここまで、一眼タイプへのボディ内手ブレ補正の搭載を見送ってきたってことは、このEOS R5で自信満々なアピールをしてくるはず。レンズ側の手ブレ補正とも協調するとのことなので、フルサイズ界の手ブレ補正力でトップを狙ってくるのかもしれません。

写真撮影においては電子シャッター20fps/メカシャッター12fps。こりゃEOS-1D X Mark IIIと同じ映像エンジンDIGIC Xを積んでくるんだろうな。

ブン回しやすいサイズで高精細動画&強力手ブレ補正。これは注目の1機となりそうです。

2020年2月13日13時25分修正:

EOS R5の製品画像が発表されたので写真を差し替えました。

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ