犯罪を犯してでもやりたい… ギャンブル依存症にドン引きの声多数 

fumumu


ねほりんぱほりん

12日に放送された『ねほりんぱほりん』(NHK総合)にて、「ギャンブル依存症」について特集され、ネットから大きな反響を呼んでいます。

■総額3000万円使った男性


番組に出演したのは、パチンコ、パチスロに始まり、闇カジノ、野球賭博にのめり込んでしまったという30代男性。

入社二年目の飲み会帰りに、ストレスを解消しようと「闇バカラ」にいったことをきっかけに一気にのめり込んでしまい、気づいたら手取り25万の給料のうち20万をギャンブルに使ってしまったと語ります。

パチスロよりもお金の動くスピードが速い「闇バカラは」二分の一のギャンブル。各2枚のトランプが置かれた「BANKER」、「PLAYER」のどちらかを選び、出たカードの1の桁の数字が10に近いほうが勝ち、というシンプルなルールです。

男性は「まさにDead or Alive」であると振り返りました。


関連記事:ギャンブルが好きすぎる彼…やめさせることはできる?

■賭ける金額が高ければ高いほど…


男性は闇バカラで1時間で320万円儲けたことがあるそうで「僕の賭けてる方が間違いないんだ!」というイメージが頭にこびりついて取れなかったそう。「その大勝がまた来ると錯覚してしまう」「リアルカイジでした」「何月何日かわからなくなってくる」という恐ろしい体験談を語りました。

後に100万、200万負けるようになり、消費者金融にも手を出し始め、しまいには闇金のブラックリストにも載ったようです。そのうち大学の頃の関係性の遠い友人に電話し、投資詐欺をはたらくようになり、友人からの借金は1500万円ほどに。

「これを返すのはギャンブルしかない!」と野球賭博に手を出す決意をします。壮絶すぎる…。

■ギャンブルのための嘘なら手段を選ばない


彼が手を出した野球賭博は後清算。負けた時に払う、勝った時にもらうというシステムなので元金がなくてもできる違法賭博です。現金のない彼にはピッタリのギャンブルでしたが、それでも追い込まれ、一週間で借金が更に205万増加してしまいます。

なんとか85万円かき集めたが120万円足りない…窮地に陥った彼は病気の祖父に「暴力団に殺される!」と芝居を打ち、借金をします。

「ギャンブルするためのウソなら手段を選ばない人間ができあがってました」「そしてその日の夜にバカラに行く」…悪魔の所業にMCのYOUさんは「ほんとにやだ…おかあさ~ん!」と絶叫。

■環境を変えてもダメ


のちに、環境を変えればギャンブル腦が収まるのではないか? と考えた彼は福島の原発作業員に従事。しかし日当2万5千円もすべてパチンコに使ってしまい、暴力団にも心配されるような状態だったそうです。

その後ひったくりや万引きを繰り返す羽目になり、窃盗などの疑いで6か月拘留されることに…。面会に来た父親に「お前はギャンブル依存症だ」と告げられたことを振り返っています。

■まだギャンブルは「やりたい」


裁判の結果懲役3年、執行猶予5年という判決が下った男性は、その後ギャンブル依存症の回復施設に入所。2年間回復に努め、現在はその施設の職員として働いていると話します。

現在もギャンブルはしたいという気持ちがあるものの、「ギャンブルやりたくなった」と仲間に話すことで衝動を抑えている状態。あの頃にはもう戻りたくないが、ギャンブル依存症の戦いに「大丈夫」はないと断言しています。

■まさにリアルカイジ


放送後、SNSには「カイジみたいな人ってほんとにいるんだね」「ざわ…ざわ…」など、ギャンブルを題材にした漫画『賭博黙示録カイジ』を思い出す視聴者が多数見受けられました。

そのほかにも、「金の貸し借りはほんとあかん」「完全に病気」といった声も寄せられ、大きな話題となっています。想像以上に恐ろしい世界に慄いてしまった方も多いのではないでしょうか。

・合わせて読みたい→ダメンズホイホイ必見! 彼がイイ男子か見極めるチェックポイント

(文/fumumu編集部・AKO)

当記事はfumumuの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ