AMDプロセッサ搭載のMacが開発中か。macOSのベータ版からコードが見つかる

20200213gizmodo_amd_mac
Image: Akura Yochi / Shutterstock.com

最近はAMDが熱い!

Macに搭載されるプロセッサがIntel(インテル)製になってから、ずいぶん月日が経ちました。しかしmacOSベータ版からは、AMD製プロセッサ搭載Macが開発されているらしき根拠が見つかっているのです。

先日配布されたmacOS 10.15.4のベータ版にて見つかった、今回のコード。それによると、AMD製のAPU(CPU+GPU)のコードネームPicasso、Raven、Renoir、Van Goghといった文字列が存在していたのです。



とはいえ、Apple製コンピューターにはすでにAMD(Radeonブランド)のグラフィックチップが搭載されています。それならば、AMDのCPUがMacに搭載されるようになっても、まったく不思議ではありません。

また、もしAMD製のプロセッサが搭載されれば、万が一Intel製プロセッサの供給に問題があった、あるいは世代交代に手間取った場合にも、Macのスペックアップを継続できます。これは、Appleにとっても消費者にとってもメリットになるはずです。

そういえば昨年には、ゲーミングMacが今年のWWDCに向けて開発されている、なんてニュースもありましたね。そこにAMD製のプロセッサが搭載されていれば、なんとも熱い展開になりそうです。

Source: MacRumors

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ