デイヴ・グロール、フー・ファイターズの新作が完成したと話す

Billboard JAPAN

2020/2/13 12:00



フー・ファイターズのデイヴ・グロールが、スポーツ・ライター/アナリストのビル・シモンズのポッドキャスト『Bill Simmons Podcast』の最新エピソードに登場し、バンドのニュー・アルバムが完成したことを明かした。

「俺たちは、新しいレコードを完成させたばかりなんだ」と話したデイヴは、「収録曲の中には……45分でいい曲が完成する場合もあれば、俺が25年ぐらい取り掛かって、やっと出来上がったリフもあるんだ。25年だぜ。たしか一番最初にデモを作ったのは、まだシアトルに住んでた頃の地下室だった。毎回レコード作る時、“これ入れようせ”って思うんだけど、上手くいかなかったんだ」と明かしている。

ニュー・アルバムは、2017年の『コンクリート・アンド・ゴールド』以来の新作になる予定だが、デイヴは他にもいくつかの新しいドキュメンタリーに着手しているそうだ。その中の一つは、ツアー・ヴァンとツアー生活に焦点を当てた作品になるようで、「昔は、みんなヴァンを持っていた。だから色んな人にインタビューしたよ、きっと驚くと思う。ビートルズだってヴァンでツアーをしていたし、ガンズ・アンド・ローゼズ、メタリカ、U2だってそうだ」と説明し、「俺だって、5年ぐらいヴァンでツアーしてた。床で寝て、バター・サンドイッチを食べて、毎晩2ドルをもらうような生活を」と振り返っている。

今年結成25周年を迎えたフー・ファイターズは、先月公式インスタグラムに「まだ始まったばかりだ。シートベルトを締めろ、2020年……マジでクレイジーなことに溢れた、狂った1年間になるから」とファンの期待を煽っていた。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ