突然かかってくるセールス電話、どうにかならない? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ


仕事中だろうが移動中だろうがお構いなし、こちらの状況に関係なく突然かかってくるセールス電話には困ったものです。しかし、相手の電話番号を見てもセールス電話かどうか確信できないのが悩ましいところ。ひょっとすると知り合いかも? 出たほうがいい? などと迷った挙げ句出てみて案の定セールス電話だったときのガッカリ感といったら。

そんなセールス電話に出ないようにするには、iOS 13の新機能「不明な発信者を消音」が便利です。『設定』→「電話」の順に画面を開き、「不明な発信者を消音」スイッチをONにすれば、以降の不明な相手からの着信は呼び出し音/バイブレーションなしに留守番電話へと回されます。

しかし、この機能には落とし穴があります。非通知の番号はともかく、「連絡先」アプリに登録されていない番号は一律に"不明な相手"とみなされてしまうため、素性は知っているけれど番号未登録という人物から着信があっても気付けなくなるのです。

ではどうするのかという話ですが、アナログな回避策もあります。よくわからない番号からの着信には出ず、いちど呼び出し音が鳴り終わったあとに相手の電話番号でWEB検索するのです。WEB上には一般ユーザからの情報提供(掲示板への書き込み)を蓄積した電話番号データベースが存在するので、一致する情報があれば迷惑電話/セールス電話とみなすことができます。

WEB検索に使う電話番号は、「電話」アプリの着信履歴から相手の番号を見つけ、その情報画面(右端の[i]ボタンをタップ)に表示された番号を長押しして「コピー」をタップすればコピーできます。ささやかな省力テクニックですが、10桁の番号を暗記したりメモしたりする必要がなくなるので、意外に便利ですよ。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ