キャリア満足度が高い若者の特徴とは


フリーター・既卒向け就職支援サービス「ハタラクティブ」(レバレジーズ運営)は2月12日、「若者しごと白書」第2弾として実施した「正社員とフリーターのキャリア」に関する調査結果を発表した。調査期間は2019年11月15~18日、調査対象は18~29歳の高卒・大卒のフリーター・正社員で、有効回答は2,006人。

新卒の就職活動時における判断軸別に、現在のキャリアの満足度を調べると、「評価制度が整っている」という軸で企業選びをした人が最も高く73.3%。「自分のやりたいことができる」でも6割を超えた。一方、「企業の歴史の長さ」や「ネームバリュー」で企業選びをした人の満足度はそこまで高くないことがわかった。

もう一度就活ができるならば、何を判断軸に企業選びをするか尋ねると、高卒正社員、大卒正社員ともに1位「給与」(高卒72.3%、大卒63.8%)、2位「福利厚生」(同38.9%、同43.5%)、3位「勤務地」(同38.7%、同41.4%)との順に。また「自分のやりたいことができるか」(同26.2%、同34.2%)も4位に入った。

仕事選びで妥協できる条件は、フリーター・正社員いずれも1位「企業知名度」(32.0%~52.3%)、2位「企業規模」(25.2%~45.3%)となり、企業の知名度や規模はそこまで気にしていない人が多いことが明らかになった。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ