家入レオ『Mステ』出演時の“変化”に騒然…「顔が違い過ぎる」

まいじつ

2020/2/13 10:32


(C)Cookie Studio / Shutterstock 

2月7日に放送された『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に、女性ソロ歌手の家入レオが出演。ネット上で「以前と違う顔になっている」などと話題になった。

今回披露したのは、フジテレビ系〝月9〟ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』の主題歌『未完成』。暗いステージでスポットライトを浴び、マイクスタンドを使って力強いパフォーマンスを繰り広げていった。

しかし、この日の家入は、これまでの印象より顔がムクんでいるような場面が多かった。部分的に当てられるライトが影響しているようにも思えるが、ひな壇でのトークコーナーでもその印象は変わらず。視聴者からも、

《家入レオ太った??? 頬すごくない??》
《何でこんな顔パンパンなったん? 体痩せて見えるのに顔だけパンパンやんけ》
《家入レオ、太った》
《家入レオの顔むくんでたね…》
《最初顔違い過ぎて誰か分からんかったけど化粧変えたんかな?》
《顔パンパンじゃない…? デブとかそういうんじゃなくて…》

などと、心配する声が続出していった。

顔に出やすい体質?


家入といえば、大きく吊り上がった目が特徴的だが、輪郭はそこまで印象的ではなかった。しかし、2012年のデビュー後から、顔の印象が変わったという声はたびたび上がっている。

「家入はデビュー数年後から、容姿の変化が話題になっています。17年末にも『第59回 輝く!日本レコード大賞』(TBS系)で〝太った〟と話題になっていましたし、翌18、19年にも同様の指摘がありました。どうやらコンディションにより見た目が変わりやすいようで、SNSや出演番組を時系列に追っていくと、その変遷が感じ取れますね」(芸能ライター)



17年8月の出演時にも、ややふっくらとした顔つきをしていた家入。頻繁な変貌には何か原因があるのか、ただただ心配だ。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ