安達祐実、10年ぶり地上波連ドラ主演 芸歴36年目にして最初で最後の“本人役”挑戦

クランクイン!

2020/2/13 06:00

 女優の安達祐実が本人役で主演を務めるドラマ『捨ててよ、安達さん。』が、テレビ東京、テレビ大阪ほかにて4月17日より毎週金曜24時52分に放送されることが決まった。安達の地上波連続ドラマ主演は10年ぶり。ドラマで自分自身を演じるのは、芸歴36年にして「おそらく最初で最後」(安達)という。

安達演じる本作の主人公「安達さん」は、女性誌の連載企画の依頼を受けたことをきっかけに、自身の代表作がダビングされた“完パケDVD”をはじめ、さまざまな“捨てられないモノ”を捨てていく。各話、擬人化したモノが「安達さん」の夢の中に現れ、自分を捨ててほしいと名乗り出るシュールな世界観を展開。安達が地上波連続ドラマの主演を務めるのは、2010年4月放送の連続ドラマ『娼婦と淑女』(東海テレビ・フジテレビ系)以来、10年ぶりとなる。

モノを演じるゲストには、臼田あさ美、梶原ひかり、片桐はいり、加藤諒、貫地谷しほり、北村匠海、早織、じろう(シソンヌ)、徳永えり、戸塚純貴、松本まりか、YOU、渡辺大知が決まった。

ある日、安達さん(安達)は女性誌の編集長から「手放して心地よく暮らすひと。」をテーマに“毎号私物を一つ捨てる”という連載企画の相談を持ちかけられる。その夜、いつものように眠りについた安達さんの夢の中に謎の少女(川上凛子)と「捨てられないモノ」たちが擬人化して次々に登場し、自分を捨ててほしいとお願いする。子であり母であり妻であり女優である安達祐実のリアルとフィクションが入り混じった、「安達さん」の心をひもとく物語。

安達は「自分の役を演じるという、なかなか巡り合えない、おそらく最初で最後の機会をいただき、嬉しく思っています。物語はフィクションですが、どこが私の素に近く、どこが演じている部分なのか、曖昧な狭間をたのしんでいただけたらと思います。豪華なゲストの方々の個性的なお芝居と、捨てて欲しいと訴える様々なモノたちの独自の主張も愛おしいです」とのコメントを寄せている。

ドラマ『捨ててよ、安達さん。』は、テレビ東京、テレビ大阪ほかにて4月17日より毎週金曜24時52分放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ