本音を暴露! 男性に聞いた「彼女にはどれぐらい稼いでほしい?」

カナウ

2020/2/13 07:30


本音を暴露! 男性に聞いた「彼女にはどれぐらい稼いでほしい?」

男性は彼女にどのくらい稼いでほしいと思っているのでしょうか?

彼氏や男友達は本音をなかなか聞かせてくれませんが、男性は本当のところ、どんな風に思っているのか気になりますよね。

いつか彼氏と結婚して、彼氏に養ってもらおうと考えている人もいれば、結婚後もバリバリ働いて稼ぎたいと考えている人もいます。気になるところをまとめました。

彼女にはどれぐらい稼いでほしい?



男性は彼女にどのくらい稼いでほしいと思っているのでしょうか? 彼氏に直接聞いても、気を遣って本音を話してくれない可能性もあります。正直なところ、どう感じているのかをまとめてみました。

男の本音:年収200~250万円は稼いでほしい



彼女には年収200~250万年程度は稼いでほしいと思っています。

月にすると、月収16~20万円程度になります。彼女が何歳でどんな仕事をしているのかによりますが、アルバイトでもがんばればなんとか稼げる金額かもしれません。

なぜ年収200~250万円なのでしょうか?

男性が養いたくないと考えている



彼氏と将来結婚をしたいと考えている女性の中には、「いつか彼氏に養ってもらいたい」と望んでいる人もいるでしょう。

しかし男性の方は将来結婚する相手にも仕事をしてほしいと考えている人が多く、専業主婦にはなってほしくないと思っている人が多いようです。

彼女がそれなりに稼いでいたら、彼女のことを養わなければらないというプレッシャーはなくなります。

男性がそこまで稼いでいない



国税庁の「1年を通じて勤務した給与所得者」平均給与によると、男女別の平均給与は男子577万円、女子279万円です。

月収にすると、男子が約48万円、女性29万円です。ここから更に社会保険料などが差し引かれるので、手取りはもっと少なくなると考えられます。

仮に彼女のことを養いたいという気持ちがあっても、現実には難しいのです。彼女を養うには生活費だけではなく、外食費など諸々費用がかかります。

本人が努力をしていても、彼女のことを養いたくても、養えないのが現状なのです。

貧乏な生活はしたくない



彼の収入だけで二人で生活していくことには不安がある他には、貧乏な生活はしたくないという気持ちもあります。

彼女を養うために金銭的にカツカツな余裕のない生活を送るよりも、ある程度趣味を楽しめたりと、余裕のある生活を求めています。

そういった理由から彼女には、自分ひとりでも生活できるくらい稼いでほしいと思っている男性が多いようです。

<参考>

国税庁の「1年を通じて勤務した給与所得者」平均給与

https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan1997/menu/03.htm

(番長みるく/ライター)

当記事はカナウの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ