「ニューヨーク」にできた新ランドマークから「摩天楼」を一望!

TABILABO

2020/2/13 06:00


ニューヨーク・マンハッタンの再開発地区「Hudson Yards(ハドソンヤード)」に建てられた超高層ビル「30 Hudson Yards」。地上335メートルと世界で5番目に高いというビルの屋上に、屋外展望台「Edge」が誕生。

地上からわずか60秒で到達するという、同ビル100階にできたこの展望台。床と壁には全面ガラスが張られ、マンハッタンを360度見渡すことができるとか。

また施設にはショッピングモールオフィス住宅施設などが入り、来月からオープンする予定。展望台の入場チケットは子供$33(3600円)、大人$38(4100円)から。オンラインサイトから予約をすると$2の割引となるよう。

ニューヨークに誕生する新たなランドマーク。訪れた際には、川に囲まれた摩天楼を一望してみたいものだ。





この投稿を
Instagramで見る


A Grande Maçã(@agrandemaca)がシェアした投稿 -


(C) agrandemaca/Instagram

Top image: (C) iStock.com/TomasSereda

当記事はTABILABOの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ