小木博明「ユーチューバーって大体が売名」 発言の意図に反響相次ぐ

しらべぇ

2020/2/12 19:00




お笑いコンビ・おぎやはぎ小木博明が12日放送の『バイキング』(フジテレビ系)に出演。ネット上で誹謗中傷を受けている歌手のmisonoを、独特すぎる言葉で励ました。

■紳助氏の出演は売名?


番組では、歌手のmisonoが自身のYouTubeチャンネルに投稿した元タレント・島田紳助氏とのトーク動画について特集。

紳助氏が初出演した動画は580万回再生以上されるほど大きな話題になったが、一方でネット上では「売名目的」「チャンネル登録させるために紳助氏を利用している」といった声があがった。


関連記事:ナイナイ岡村、YouTube出演の島田紳助氏を語る 「さんまさんと共演して」

■そもそもユーチューバーは…


これらの言葉を受け、小木は「ユーチューバーって大体が売名ですからね。ユーチューバー同士がみんなやってますからね。相手を使って、それで稼いでるんですからね」とバッサリ。

misonoが紳助氏のおかげで成長できたことを挙げて、「そんな知らねえやつの匿名のやつらのことは聞かなくて、紳助さんの言ってることだけ聞いてればまた成功する」と励ます。

小木節が光る発言に、スタジオは爆笑。ネット上でも「はっきり言うところ好きだわ」「さすが小木」「めっちゃ笑った」と反響が続出した。


関連記事:松本人志、島田紳助氏のYouTubeを観ない理由を告白 「僕と一緒にやってほしい」

■何があっても信じられる人がいる人は…


一部から批判の声を浴びたmisonoだが、結局は紳助氏からの励ましを受けて動画を公開をしたとのこと。親子ほど歳が離れたふたりだが、その絆は固いようだ。

しらべぇ編集部が全国10~60代の男女1,653名に調査したところ、約4割が「何があっても信じられる人がいる」と回答している。



笑いを誘いつつmisonoを励ました小木。彼女のもとにも届いているといいのだが…。

・合わせて読みたい→misono、島田紳助さんをYouTubeに招くも苦言殺到 「声デカすぎ…」

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ