【ビルボード】Sexy Zone『POP × STEP!?』が総合アルバム首位獲得 King Gnu/TWICEが続く

Billboard JAPAN

2020/2/12 15:20



2020年2月17日付(集計期間:2020年2月3日~2月9日)の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”では、Sexy Zoneの『POP × STEP!?』が総合首位を獲得した。

『POP × STEP!?』は、Sexy Zoneにとって7枚目となるオリジナル・アルバムで、制作陣には、tofubeats、本間昭光、トオミ ヨウ、金井政人(BIGMAMA)、Kai Takahashi(LUCKY TAPES)らが参加している。そのCDセールスは初動3日間で109,943枚、その後さらに枚数を伸ばし当週134,592枚を売り上げており、CDセールス指標で1位を記録。ルックアップでも3位を記録し、2位と大きなポイント差をつけて総合アルバム首位獲得となった。

続いて、King Gnuの『CEREMONY』が、ダウンロードとルックアップで1位、CDセールスでも3位を記録して総合アルバム2位にチャートイン。CDセールスやダウンロードではポイントを徐々に落としてはいるものの、ルックアップは前々週よりも前週の方が、そして前週よりも当週の方が高いポイントを獲得している。

そして総合3位には、TWICEの『&TWICE』がチャートイン。2019年12月9日付の本チャート以来、10週ぶりのTOP10入りとなったが、これは『&TWICE』のリパッケージ版『&TWICE -Repackage-』が2月5日にリリースされたためだ。特にポイントが増えたのがCDセールスで、当週2位となっている。

20位以下では、2月7日に嵐がオリジナル・アルバム全16作品をデジタル・リリースしたことによる影響が表れている。今回デジタル・リリースされたアルバムで、100位以内にチャートインしているのは計12作品。最も高い順位にチャートインしたのは、22位の『ARASHI No.1 ~嵐は嵐を呼ぶ~』で、40位に『「untitled」』、44位に『Time』と続いている。

◎【HOT ALBUMS】トップ20
1位『POP × STEP!?』Sexy Zone
2位『CEREMONY』King Gnu
3位『&TWICE』TWICE
4位『Traveler』Official髭男dism
5位『ホエン・ウィ・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥ・ウィ・ゴー?』ビリー・アイリッシュ
6位『ファザー・オブ・オール…』グリーン・デイ
7位『Passion』大原櫻子
8位『LOOKiE』BiS
9位『月と太陽と君の歌』キム・ヒョンジュン
10位『キテレツメンタルワールド』東京ゲゲゲイ
11位『MAD TRIGGER CREW -Before The 2nd D.R.B-』MAD TRIGGER CREW
12位『0』Superfly
13位『I Think U』SUPER JUNIOR
14位『CODE 47L』TSW
15位『MISIA SOUL JAZZ BEST 2020』MISIA
16位『i DECIDE』iKON
17位『Sympa』King Gnu
18位『NIPPONNO ONNAWO UTAU BEST2』NakamuraEmi
19位『エスカパレード』Official髭男dism
20位『Go with the Flow』木村拓哉

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ