木下優樹菜の「Pabo」に「羞恥心」…“おバカタレント”の現在は悲喜こもごも

女子SPA!

2020/2/12 08:47

 2011年8月に芸能界を引退した島田紳助氏が1月13日、タレントのmisonoのユーチューブチャンネルに登場し話題となりました。

この撮影は島田氏から持ちかけたそうで、「『ヘキサゴン』は特別やった」「misonoがもう一度注目されて、歌い続けて欲しい」と言われたとmisonoがメディアに語りました。

深夜時代を経て、03年からフジテレビのゴールデン枠で放送開始された『クイズ!ヘキサゴン』(05年に『クイズ!ヘキサゴン2』にリニューアル)。司会を務めていたのが島田氏です。この番組の特徴ともいえる、おバカタレントたちの珍回答はお茶の間の人気を集め、人気番組となりました。misonoも番組に貢献した一人です。

島田氏の引退と共に番組も終了。生き残りをかけ、おバカタレントたちは次なるステップへと踏み出すことを余儀なくされますが、やはり悲喜こもごもが待ち受けていました。

◆「Pabo」と「羞恥心」のメンバーは今

同番組でもっとも人気を集めていたタレントといえば、「Pabo」と「羞恥心」。

羞恥心はつるの剛士、上地雄輔、野久保直樹の3人からなるグループで、08年リリースのデビュー曲「羞恥心」は4週連続オリコン2位を獲得しました。

同年には『紅白歌合戦』にも出演。09年1月にグループ活動を終了すると、つるのはイクメンタレント、上地は俳優・歌手業をメインにします。つるのは保育士の資格を得るため、4月から通信制の短大に進学することを明言。上地は歌手活動が多くなり、3月に9枚目のアルバムを発売予定です。

気になるのが野久保。事務所移籍トラブルで09年に干された後、細々と舞台出演をするぐらいで目立った活動はなし。昨年、上地の歌手活動10周年記念で羞恥心が再結成された時に久々に姿を見たという人も多く、ユーチューブチャンネルを開設しても閑古鳥が鳴いている状態です(2月6日現在、チャンネル登録者数3120人)。

「他の2人と差が付いた」のはPaboも同じ。里田まい、木下優樹菜、スザンヌの3人で結成され、07年にCDデビュー。翌08年に紅白出場、その後も3人はバラエティを中心に順調に活動していました。

ところが昨年、大きな出来事が起こりました。料理本を出すなど人気ママタレになっていた木下が、実姉が勤務していたタピオカ店のオーナーを恫喝する「タピオカ騒動」が勃発。木下は11月に芸能活動自粛を発表し、年末には、10年に結婚したお笑いコンビ「FUJIWARA」藤本敏史と離婚。サッカー選手との不倫疑惑まで噴出し、ジリ貧の状態です。

そんな木下とは対象的に、里田とスザンヌは幸せな生活を送っている様子。

11年にプロ野球選手の妻となったスザンヌでしたが、15年3月に離婚。そこから一念発起し、夢だったカフェを16年1月に地元熊本にオープンしました。「お金の計算ができなかった」と3カ月で店をクローズする“オチ”までつけたあたりは、さすがというところでしょう。

現在は、14年にもうけた息子と熊本で生活しており、「リラックスした環境で仕事ができて幸せ」とUターンに大満足。自身のSNSからもその様子が伝わってきます。

里田は12年3月に田中将大投手と結婚し、14年に夫のメジャーリーグ移籍に伴いニューヨークへ移住。田中投手は7年で約170億5000万円という超大型契約を結んでおり、今や「まい夫人」として、夫のサポートと子育てにまい進しています。今でもスザンヌとは交流があるようで、「このお洋服は、さえちゃんの」と、スザンヌがプロデュースした服を着た写真をアップしたこともあります。

◆アッキーナ・重盛・ローラはSNSが話題

おなじく「ヘキサゴンファミリー」の一員だった南明奈。元はグラビアタレントでしたが、おバカタレントとしてブレークしてからは女優業にも挑戦し、10年のNHK朝ドラ『ゲゲゲの女房』や14年公開の映画『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』に出演しています。

18年に18歳上の「よゐこ」濱口優と結婚。夫婦そろってバラエティ番組やイベントに登場しています。また昨年12月には、濱口がユーチューブチャンネルを生配信した際に夫婦共演を果たし、ラブラブエピソードを披露しました。

いまいちブレークしきれなかった重盛さと美を、おバカタレントとしてメジャーシーンに引き上げたのが、18年に終了したフジテレビの人気番組『めちゃ×2イケてるッ!』でしょう。

10年にオーディションに合格してメンバーの一人となると、番組の名物企画「抜き打ち期末テスト」で「ネバーエンディングバカ」の称号を獲得。自身のバカさが自殺防止に一役買ったことがあると明かし、「人生で初めて生き甲斐を感じました」と笑顔です。

テレビに出演する機会はグッと減りましたが、インスタは人気。大人の色気を感じさせる写真を多数アップし、フォロワー62万人を超えています(2月6日現在)。インスタグラマーの道が開けたようです。

ローラもインスタの話題が多くなりました。タメ口&天然キャラで人気者になり、モデルとしての存在感もバツグン。ファッション誌のカバーを飾り、コスメやファッションブランドのアンバサダーとして女性の憧れの存在となりました。

ところが17年に当時の所属事務所との契約トラブルが発覚。活動の拠点をロサンゼルスに移したローラと事務所の溝が埋まることはありませんでしたが、18年3月にようやく和解しました。

しばらくはインスタの写真が話題になるだけで、その間に滝沢カレンが台頭。さすがに危機感を持ったのか2020年1月には立て続けにバラエティ番組に出演、ユーチューブチャンネルも開設しています。2月6日時点のチャンネル登録者数は約37.6万人。かつての人気者としては少々物足りない気もしますが、カリスマモデルとしての意地を見せるか。

求められるがままに「おバカ」キャラを炸裂させ、人気を得ていたタレントたち。かつてのブームが落ち着いた今は、その殻を脱ぎ捨てて新たな道を進んでいます。

<文/女子SPA!編集部>

【女子SPA!編集部】

ちゃっかり生きる、賢い女性のホンネ情報サイト。SPA!編集部の女性ライターたちが読者目線で情報を提供します。

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ