「今はまだ不倫じゃない…」柄本佑演じる尾高への気持ちを自覚するケイトが選ぶ道は?『知らなくていいコト』第6話

テレビドガッチ

2020/2/12 05:00

吉高由里子が主演を務めるドラマ『知らなくていいコト』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)が、第6話が2月12日に放送。今回は、三倉茉奈、佐津川愛美、田村健太郎がゲスト出演する。

週刊誌編集部を舞台に、主人公の記者・真壁ケイト(吉高)が世の真実を暴く立場でありながら自分の真実に人生を狂わされながらも記者としてだけではなく、人としても成長していく姿を描くお仕事系ヒューマンドラマ。ケイトが所属する「週刊イースト」編集部のメンバーとして、編集長・岩谷進役の佐々木蔵之介を筆頭に、重岡大毅(ジャニーズWEST)、本多力、小林きな子、和田聰宏、山内圭哉、関水渚ら、さらに柄本佑、小林薫といった豪華俳優陣が出演している。

尾高の優しさに心奪われる視聴者が続出する中、予告映像ではケイトと彼の距離がさらに縮まる展開になりそうな予感。しかし、尾高は妻子持ち。自身の中で大きくなる尾高への気持ちと、倫理観で揺れるケイト。「今はまだ不倫じゃない……」という彼女は、尾高との関係にどんな答えを出すのか?

<第6話あらすじ>
一人乃十阿(小林)の元へ向かい、自分は杏南(秋吉久美子)の娘だと名乗ったケイト(吉高由里子)。母と自分の存在について、そして30年前の事件について乃十阿に問うものの、突然ホースを手にした乃十阿から拒絶するかのように水を浴びせられる。

一方、ケイトの様子がおかしいことに気づき心配した尾高(柄本)は乃十阿の住む海辺の街に車を走らせていた。寒さと衝撃に震えびしょ濡れで道を歩いているケイトを見つけた尾高は、全てを察しケイトを抱きしめる……。自分の母が愛したはずの乃十阿がなぜ事件を起こしたのか“本当のこと”を知りたいと話すケイトは、尾高と共にかつて乃十阿を担当していた弁護士・高村(平田満)のもとへ向かうが……。

数日後。次週のネタを探すケイトは、“将棋界のプリンス”と名高い実力派人気棋士・桜庭洋介(田村)の妻・和美(三倉)から夫の不倫について直々にタレコミを受ける。不倫相手の女優・吉澤文香(佐津川)と桜庭のラブラブなメールのやり取りを証拠に、桜庭が社会的制裁を受けて本妻である自分の元に戻ってくるよう記事を出してほしいと頼む和美。しかし二人は密会場所の連絡に将棋の棋譜を使った奇妙な暗号を使っていて……。

ケイトは黒川(山内)の指示のもと、決定的なツーショット写真を狙って桜庭と文香の尾行を開始! 二人がなかなかボロをださない中、夫のメールを盗み見た和美から密会場所の新たな暗号メールが送られてくる。ケイトは高校時代に将棋部の主将だった春樹(重岡大毅)に棋譜の暗号解読を頼むが……。

その夜、和美から次々送られてくる証拠メールを自宅で一人見ていたケイトは不倫中の二人の「会いたい」という言葉の応酬を見て、自分の中に募る尾高への気持ちを強く自覚する。

翌日、岩谷(佐々木)はデスクとの編集会議の中で、数ある不倫ネタの中から桜庭の不倫を次週の大きなネタとして本採用する。世間のイメージを裏切る桜庭と文香の不倫現場のツーショットを狙い、特集班のチームワークがいよいよ本格始動するが……。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ