「プロメア」前日譚を加えた4DX版がバレンタインデーから全国55館で上映

アニメハック

2020/2/11 20:00

(C)TRIGGER・中島かずき/XFLAG
 今石洋之監督と脚本家の中島かずきによる劇場アニメ「プロメア」の4DX版が、バレンタインデーの2月14日から、東京のユナイテッド・シネマ豊洲など全国55館の劇場で上映されることが決定した。2019年10月から公開された4DX版本編に、初4DX化の前日譚「ガロ編」「リオ編」を加えての上映となる。

「天元突破グレンラガン」や「キルラキル」で知られる今石監督と中島のタッグが手がけた同作は、炎を操る人種「バーニッシュ」と、対バーニッシュ部隊の「バーニングレスキュー」の戦いを描く。松山ケンイチと早乙女太一が主演を務めたことや、「応“炎”上映」をはじめとする、さまざまな趣向を凝らした上映形態などで話題を集め、19年5月の通常版公開以来、オリジナル劇場アニメとしては異例のロングランヒットを飛ばしている。2月5日には、ブルーレイ&DVDが発売されたばかりだ。

当記事はアニメハックの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ