恋つづ、「振り返りキス」で最高視聴率!「佐藤健に“キムタクの強敵”の声まで」

アサ芸プラス

2020/2/11 09:59


 上白石萌音主演「恋はつづくよどこまでも」(TBS系)の2月4日に放送された第4話の視聴率が10.6%と過去最高をマーク。ラストに“魔王”と恐れられる天堂浬役の佐藤健と、それに立ち向かっていく“勇者”こと、佐倉七瀬演じる主演・上白石萌音とのキスシーンが流れ、ネットは騒然となった展開が大きいようだ。佐倉(上白石)が頭から大量の血を流すケガをして救急車で搬送されるも軽傷で事なきを得たその帰り際のシーンだ。

2人で並んで歩く道中で佐倉が天堂(佐藤)に、「先生、言いましたよね。もし助かったら、キスでもデートでもしてやるって…」と詰め寄ると、「バ~カッ」とさらりと流してスタスタ歩いていったかと思わせつつ溜めて溜めてからの振り返りざまに天堂からキスしたのだ。

「極めつきは天堂が『これは治療だ!』と、イケボ(イケメンボイス)の低~い声で上から目線でにらみつけながら佐倉にピシャリと言い放ったラスト。これにはネット上に《もう、カッコよすぎですよね~》《タイプの人ではないのにかっこいいと思ってしまった》と、卒倒寸前になった女性ファン視聴者からの声が殺到していましたね」(芸能ライター)

確かに、多くのメディアでは、こんな、“佐藤カッコいい”の話題ばかりが先行している感がある「恋つづ」。が、「相手役が上白石だったことこそ佐藤のドSキャラをより生かせているのではないでしょうか」と、この芸能ライターは指摘する。ネット上でも〈萌音ちゃんのドジっぷりは多少目に余るところはあるが、可愛らしく愛される妹キャラは応援したくなる〉などの声もみられたが、

「スタイルもバツグンではなく、飛び切りの美人でもなく何ごとも要領がよくない、けれど愛嬌だけはある。そんな上白石演じる佐倉だったからこそ女性視聴者は“もしかしたら私でもこんなことが起きるかも”と感情移入しやすく、幸せな気持ちになってしまえるのではないでしょうか。ただ、漫画原作の胸キュンラブコメストーリーとはいえ、《病院で恋愛のことしか考えてないナースなんて最悪》《あまりにもご都合主義な展開》といった批判も相関わらず少なくありません。ただ、《母と毎週一緒に見てます》など、ドジだけど常に一生懸命な佐倉を応援するような書き込みも少しずつ見られ始めており、幅広い視聴者層に対して受けが良いのも今後のさらなる盛り上がりを示唆しているようで注視したい点ですね」(前出・芸能ライター)

佐藤に対しては、〈何の役をしてもキムタクにとっては、強敵現るという印象〉〈以前出ていたバラエティーで観た佐藤健って凄い“オレ様系”で嫌いなんですよ。でも、腹立つけど男前やわ。歳を重ねてますます男前度上がってるわ〉〈プレイボーイ的な感じがして苦手でした。ただこのドラマで佐藤健ファンになりそうな自分に驚きです、良さを感じられたのは萌音ちゃんのおかげです〉などの声も見られた。

2月11日放送の第5話以降の展開にも、良くも悪くもますます注目が集まりそうだ。

(島花鈴)

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ