倉科カナ、朝ドラヒロイン役で監督と“大ゲンカ”した過去「カットされちゃって…」

E-TALENTBANK

2020/2/10 20:40


2月9日放送の日本テレビ系『誰だって波瀾爆笑』に出演した倉科カナが、自身がヒロイン役を務めた2009年のNHK連続テレビ小説『ウェルかめ』にまつわるエピソードを語った。

【写真】倉科カナ、パンダのぬいぐるみと喧嘩&仲直り写真にファン反響「相変わらず可愛い」「ドレスお似合い」

番組の中で、倉科は当時の監督と大ゲンカしたことがあったとして「台本を頂いて、やっぱり何ヶ月も私は普通の連ドラとか映画よりも、毎日その役柄でいて」「1番その役柄を理解できてるから」と話し始めた。

続けて「やっぱどうしても…その時はセリフカットされちゃって」「それがとっても重要な、私の中でセリフだったから『このセリフは復活させてほしいです』って言ってたんですけど」「なんか押し問答になっちゃったりとか」と振り返った。

これを受け、他の出演者がその後の監督との関係性について尋ねると、倉科は「わだかまりはその時はあったけど、撮影していくにつれて、お互い愛があってのそういうぶつかりだから。ただ単にケンカしたくてしてるわけじゃないから」「すごくいい関係になって」として、監督とは信頼関係を築くことができたと明かしていた。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ