中居正広、SEKAI NO OWARI・Fukase崇拝男児のファン女性に困惑「不思議な現象」

※画像は、『新・日本男児と中居』公式Twitterのスクリーンショット

 

2月7日放送の『新・日本男児と中居』(日本テレビ系)に、SEKAI NO OWARIのFukaseを崇拝する「フカセラー男児」の美濃部龍さん(28歳)がフカセラーのファンという女性とともに登場。中居正広が「不思議な現象だね~」と困惑の表情を見せる場面があった。

 

歌には「辞めた方がいいと思う」と意見

 

美濃部さんとともに吉田愛美佳さん(17歳)・青山穂香さん(21歳)が登場すると中居は「不思議な現象だね~」と困惑気味。中居が「最初Fukaseくんが好きだったの?」と聞くと吉田さんと青山さんは「そうです」と答え、「好きになったことで出会えたんだ?」という中居に「そうです」とうなずく。

 

吉田さんは美濃部さんとのツーショット写真を携帯の待ち受けにしているそう。「美濃部さんが好きなんだね?」という中居に吉田さんは「そうです」と答え、「もうFukaseくんは関係ないんだよね?」と尋ねる中居に「Fukaseさん要素もあるし美濃部さん自体も好き」と断言。中居は「Fukaseくんと比べたらどうなんですか?」と質問し、「Fukaseさんと美濃部さんはもう別」と答える青山さんに「生姜焼きとトンカツって感じですかね」と納得の様子。

 

次に『美濃部さんの職業は役者』と紹介されると「自分もやっぱり表の方でやってるんですね」と中居。美濃部さんは「元々そっちも夢でやりたくて」と話し、「Fukaseくんがきっかけでこの世界入ったんですか?」と聞く中居に「いらっしゃったから僕もこうやってこの世界に」と答える。

 

さらに美濃部さんはお笑い芸人としても活動しているそう。画面には出演したお笑いライブの様子が流され、観終わった中居は「うん!これはもうFukaseくんの歌聴いて元気になってもらわないとね」とコメント。

 

最後に美濃部さんは『Dragon Night』を熱唱。青山さんが「お笑いよりこっちをメインでやってほしい。お笑いむしろ辞めてもうちょっと歌を頑張ってほしい」というと中居は「俺はどう見ても歌は辞めた方がいいと思うけどね」と意見していた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ