やったことのある人挙手! 婚活アプリあるある




婚活アプリは、結婚をしたい人が始めるものですよね。お互いに結婚を目的としている人が出会いを求めるケースが多いため、カジュアルに始める人もいるのではないでしょうか。
簡単に結婚願望のある異性と出会える一方で、婚活アプリならではの弊害もあります。ここでは実際の経験者たちに「婚活アプリあるある」を聞いてみました。

婚活アプリあるある

1: モテているつもりになって後悔

「現実の出会いに比べて婚活アプリの出会いのほうが圧倒的に多いから、モテているつもりになってちょっとでもイヤな部分があると、すぐに違う人のところに行きがち。ダメだったら次って感じで、相手のことをよく見ないまま見切ったりするから、あとになって後悔する」(20代/IT)

▽ お互いに婚活を目的としている人が集まるため、モテない環境にいた人にも需要があり、ときには勘違いしてしまうこともあるようです。
「もっといい人がいるかもしれない」と切り捨てているうちに、時間が過ぎていくという人も……。あとから気づいても「時すでに遅し」なのが現実です。過去に見切りをつけた人は、ほかの人と幸せになっているケースも多いのです。

2: 姪っ子や甥っ子とのツーショット写真を載せている

「プロフィール写真に姪っ子や甥っ子との写真を載せている人がいるけど、姪っ子や甥っ子に掲載許可とったのかな? って気になっちゃう。多分とってないだろうから、だいぶ非常識な人だなって……。
ほほえましい写真だけどそういう常識がない人はイヤだな」(30代/公務員)

▽ 子ども好きアピールなのか、姪っ子や甥っ子とツーショット写真を撮ってプロフィールに載せている人もいます。
ほほえましい光景だとは思いますが、姪っ子や甥っ子の許可なく載せているのかもしれないと思うと、「常識がない人だな」と周りから思われてしまいますね。

3: 赤裸々なプロフィール



「たまにプロフィール欄にすごく自分語りをしている人がいる。妻に浮気をされて離婚しましたとか、多額の借金を3年で返済しましたとか。そこまでプロフィールに赤裸々に書く必要あるかな? これでマッチングすることってあるのかな? って思っちゃう」(30代/看護師)

▽ 「そんなことまで書く必要ある!?」と思うようなことまでプロフィールに載せている人もいるようです。初回からヘビーな内容を聞かされたところで、マッチングしたいと思う人はなかなか現れないはず……。
ドン引きするような内容は、プロフィールに書くべきことではないのかもしれません。

4: いきなりフェードアウト

「一度に何人もの人とやりとりできるから、一回デートした相手でもすぐにフェードアウトすることがある。同時進行してほかのいい子がいたらそっちにいったんだろうなとか想像しちゃう」(20代/フリーター)

▽ 同時進行して出会えるため、いきなりフェードアウトされてしまうことも。ほかの子ともマッチングできる仕組みのため、仕方ないといえば仕方ないことなのですが、それでもやっぱり悲しく思ってしまいますよね。

5: 初回からタメ口

「アプリ上で出会うからか、相手との距離感がつかめないまま、初回からタメ口でやりとりしてくる人が結構いる。
年下だったらタメ口でいいって思いこんでいるのかな? 常識がない人や人との距離感が雑な人は苦手」(20代/建設関係)

▽ 相手との距離感をつかめずに、初回からタメ口で連絡をしてくる人もいるそうです。馴れ馴れしい人はイヤという声も多いので気をつけたいところです。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ