前田敦子主演『伝説のお母さん』 魔王役・大地真央が「ショーシカ」を知るシーンに反響

NHK総合のよるドラ枠で2月1日よりスタートした『伝説のお母さん』は、ロールプレイングゲーム(RPG)の世界でかつて魔王を封印した伝説の魔法使い・メイが結婚して新米ママとなり、8か月のひとり娘・さっちゃんを連れて再び冒険に出る姿を描いていく。前田敦子演じる主人公・メイは夫・モブ(玉置玲央)が協力的でないことからワンオペ家事育児に奮闘する毎日を送っており、しかも保育所に空きがなくさっちゃんを連れて魔王討伐の旅に出ることを余儀なくされる。一方で魔界では、人間界を侵略しようと人間の研究を進めていた。2月8日放送の第2回「こづれでいこうぜ」では、人間について学ぶ魔王役を大地真央が好演してTwitter上で反響を呼んだ。

前田敦子は2018年7月30日に俳優・勝地涼と結婚、2019年3月に第1子となる男の子が誕生した。28歳のママである彼女が演じるメイには、漫画家・羽海野チカさんが第1回を見て「前田敦子さんの持つ空気感が 空想と現実の間にふわっと立っていて素敵でした」とTwitterで評していた。

そんなメイ役の前田に迫る存在感を見せたのが、大地真央である。第2回では長年魔王に仕える側近(村上新悟)から「人間界の少子化」が深刻であることを聞かされた魔王(大地)が、「ショーシカ? 魔獣の類か」という風にとんちんかんなリアクションを繰り広げるくだりがあった。

さらに魔界のおにいさん(小林よしひさ)とおねえさん(上原りさ)が「少子化について たのしいショーシカ」と題したVTRに登場し、出生率などについて説明。それに対して魔王と側近が掛け合いを見せるという趣向だ。

Twitter上では「大地真央の魔王が凄くいい!! つか何歳なのよ、肌綺麗すぎ…皺なさすぎ…」といった容姿への驚きをはじめ、「魔王役の大地真央さんが面白い 男役の声だー懐かしい! コメディセンス抜群の真央さんの本領発揮」、「大地真央さんのすっとぼけお芝居が最高です 少子化で勝手に数を減らしているのはその空気を作り出している人間自身…の説明をよしりさお兄さん達にやらせるとはやるなw」などの声があり、それぞれに魔界シーンを楽しんだようである。

ちなみに原作コミックの作者・かねもとさんによるTwitterではドラマをリアルタイムで実況風にツイートしており、第1回が放送された2月1日には「保育所のお役所対応はフィクションですが、現実ではひとり親でも保育所に入れないケースがあるんですよね…フィクションよりひどいよぉ」とつぶやいていた。

また玉置玲央演じる夫のモブに対して視聴者から「むかつく」、「無能すぎ」など批判ツイートが飛びかう状況に、「ドラマでさっそくモブへの怒りが集まっておりますが、モブを演じる玉置さん本人は動画のような子ども好き。モブを嫌いになっても玉置さんのことは嫌いにならないでくださーい!!!」と呼び掛けたりと、副音声放送のようで楽しめる。

画像2~4枚目は『前田敦子 2020年2月1日付Instagram「めいちゃんの一人娘さっちゃん役のあーちゃんひーちゃん!」「ついに今夜冒険がはじまります!」』『大地真央 2020年1月29日付Instagram「『伝説のお母さん』私は昨日でクランクアップしました」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ