風間俊介、ジャニーズ入所のきっかけは「周富徳さんとの写真」!?

※画像は、『櫻井・有吉THE夜会』公式Twitter より

 

2月6日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBSテレビ系)に、俳優の風間俊介が登場し、ジャニーズ事務所に入所するきっかけとなった周富徳との写真だったことや、デビュー当時のバク転練習について語った。

 

「YOUさ、しょうがないから入れたんだよ」

 

ジャニーズ事務所に入所したきっかけについて語り、「履歴書送ります。その時に写真をどうしようかって。『これが一番よく写ってるんじゃないかな』っていって、中華街でたまたま周富徳さんと一緒に撮った写真だったんですよ」と、意外な人物の名前を口にする風間。「中華街家族で行ってたら、お店の前に周富徳さんがいて。『すみません、一緒に写真撮ってもらえませんか?』って言って取った写真が自分的に一番イケてたんで。送ったら受かって」と、そのいきさつを説明した。

 

「何年後だったかな……ジャニーさんが、『YOUさ、周さんの息子かと思ってしょうがないから入れたんだよ』って言われて」と笑顔で暴露。「危ない!俺多分、周さんと一緒に撮ってなかったら、ここに座ってなかったかもしんない」と、驚きの発言をした。「風間君の姑息なところが出てるよね。最初からそういうつもりだった」と納得の有吉弘行に、「その頃から潜在的に姑息なところがあったのかも」と認めた風間。

 

今から22年前、山下智久や生田斗真らとバク転を練習中の、当時14歳の風間のVTRが流れる。失敗して頭から着地する映像を見て、「覚えてます。これね、結構危なかったんですよ。みんなで風間をバク転をできるようにしてあげようって」と当時を振り返った。

 

「実はジャニーズってバク転の先生が特別にいるわけじゃないんですよ。だからできる人ができない人に教えるみたいな感じで、みんなで教えてくれてたんだけど。ま~最後までできないまんま、あれで終わっていきます。(櫻井)翔君と一緒」と櫻井を道連れにした風間であった。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ