風間俊介『金八先生』“涙の体罰シーン”の裏話明かす「俺だけは絶対に泣いちゃいけない…」

ジャニーズ事務所に所属する俳優でタレントの風間俊介が、2月6日放送のTBS系バラエティ番組『櫻井・有吉THE夜会』で16歳の時に出演したドラマ『3年B組金八先生』の第5シリーズについて語った。彼が演じた兼末健次郎は優等生の仮面をかぶりながら、クラスを牛耳って学級崩壊を起こす裏の顔を持つ役柄だ。風間俊介を世に知らしめた作品でもあるが、地元ではヤンキーに絡まれたという。また、金八先生が生徒たちをビンタした後に語りかけるシーンでは「俺だけは絶対に泣いちゃいけない」と胸に秘めていたという裏話を明かした。

風間俊介は『金八先生』のおかげで街を歩くといろいろな人から声を掛けてもらえるようになったのは嬉しかったが、ヤンキーたちがドラマに感情移入して「おい、俺分かってんかんな! 裏で悪いことしてんの!」「お前、調子乗んなよ! 観てっかんな!」と絡んできた時は「なんてピュアなんだ」と意外に思ったそうだ。

『金八』第5シリーズでは、武田鉄矢演じる金八先生が教室で生徒たちを立たせて数人にビンタする場面がある。『THE夜会』でその映像を流した際にナレーションは「涙の体罰シーン」と紹介した。

金八先生は最後に兼末の前に立つと「けんじろう」と微笑みかけて激しくビンタした。愛の鞭である。生徒に手を上げた金八先生は黒板に手を掛けて背中を見せ、自分を責めるように「はい、席についてください」と繰り返すのだった。

風間俊介はそのシーンを見て「本当にビンタしたけど、女の子も1人いたのでこめかみ辺りを狙った」と当時を振り返り、自分へのビンタは「ガッツリいってます」と明かした。彼は「12~3分の長回しシーンで一発勝負」だったと話しており、今でもよく覚えているようだ。

金八先生はビンタした後で、生徒たちを席に座らせると静かに語り始めた。『金八』シリーズでは武田鉄矢が台本なしのアドリブで演じて数々の名場面を生んでいるが、このシーンもその1つだろう。

「今まで生徒を殴ったのは3人だ。その人たちのことを未だに思い出すから、君たちのことも忘れないと思う」という先生の言葉に生徒全員が泣き出すなか、兼末健次郎だけは涙を見せず冷静な顔をしていた。

生徒たちは演技でなく素で泣いていたが、風間は「俺だけは絶対に泣いちゃいけない役」だと理解していたのである。事前に「お前は絶対に泣くな」と言われていたこともあり、あえて先生の話を「聞かない」と心に決めていたという。

司会の櫻井翔はそれを知って「すげー裏話じゃん!」と高まっていたが、Twitter上でも視聴者から「兼末健次郎を含め金八シリーズ大好きな私は良い裏話が聞けて嬉しかった。金八先生は大人になって見返すと言葉が深くて泣ける」、「金八先生久しぶりに観たくなった。大好きだったよ兼末健次郎。一番好きなシリーズだったよ」などの反響があった。

他にも「風間さんの口から『僕が兼末健次郎』という言葉が聞けて、なぜか涙が溢れた。 健次郎、どうしてるかな…」、「金八も今の人から見たら体罰許さん謝罪や辞めさせろ、になるんかなぁ」といった声があり、多くが『金八』第5シリーズがオンエアされた当時を懐かしんだようである。

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ