<井澤勇貴・LA撮影秘話を独占取材>SSH写真展・クリエイターへインタビュー。

 

 

過去2回に渡ってご紹介しているSSH写真展。

現在、2月14-16に都内にてイベント並びに展示会が決定。

今回は、『SSH Los Angeles Luxury Collection 』の撮影を実際に試みたクリエーター陣にフォーカスしました。

 

インタビューにお応えいただいたのはこちらの3名。

 

/ディレクター・スタイリスト 植野堀 誠 (@makotouenobori)さん

/ヘアデザイン・メイクアップアーティスト Kabuki Ryota(@kabukiryota)さん

/カメラマン Tsunoda Yuta (@tsunodayuta2171)さん

Twitter:https://twitter.com/sshbysevensins

 

また、過去の記事をまだ読んでいないという方は以下からぜひ。

 

 

 

 

 

 

ロサンゼルス撮影でのバックヤードや秘話をお聞きしました。

こちらのインタビューを読んでから写真展に向かえば、会場でさらに楽しめること間違いなし。

 

 

 

俳優・井澤勇貴とLAへ

 

 

 

まずは以下をご覧ください。

 

 

 

めるも編集部(以下、めるも):本日はよろしくお願い致します。

 

一同:よろしくお願いします。

 

めるも:さて、SSHエキシビション(以後SSH)さんといえば、被写体を普段見せる表情とは違う角度でアプローチして作品作りを行ってらっしゃいますが、今回のアメリカ・ロサンゼルス撮影はいかがでしたか?

 

植野堀 誠さん(以下、植野堀さん):今回はゲストモデルに俳優・井澤勇貴くんを迎え、日本を飛び出し、思いきって海外で撮影を行いました。

 

めるも:植野堀さんは井澤さんのカレンダーでもご一緒されたそうですが。

 

植野堀さん:そうです。
今回の撮影では、井澤くんにとって初のロサンゼルスだったこともあり、到着早々すごく嬉しそうで、滞在中もずっとテンションが高くて本当に楽しそうでした。

 

Tsunoda Yutaさん(以下、Tsunodaさん):そうだったね(笑)。

 

めるも:井澤さんの動画を拝見しましたが「みんなが待っててくれて安心した」とのことですね。

 

 

めるも:Tsunodaさん、今回LAという土地での撮影、いかがでしたか?

 

Tsunodaさん:月並みな感じになっちゃいますが、絶対日本ではできないシチュエーション下だったので、いろんな背景の魅せ方を試すことができました。

空の広さや、土地の広大さが引きの絵にストーリーをもたせてくれたり。

 

 

Tsunodaさん:あとは井澤くんの雰囲気がすごくLAに合っていて。
彼のクールな部分をより引き出してくれました。

 

めるも:ゲリラ的に撮影したこともあったとか?

 

植野堀さん:はい。実際に現地で井澤くんと一緒に街を歩きながら、ちょっとよさそうな路地裏があったら即撮影してって感じで。

井澤くん本人が「この場所すごくカッコイイ」と感じた際にはすぐにそこで撮影をはじめたり。クリエイターだけじゃなく、モデルである彼の提案もどんどん織り交ぜていきました。

 

 

 

Kabuki Ryotaさん(以下、Ryotaさん):ウォールアートのシーンが印象的でしたね。

 

めるも:“エッジを効かせたヘアメイク”とのことでしたが。

 

Ryotaさん:動画の中だと「日本じゃ観ることができない井澤くんを意識しました。」といいましたが、まさにそのとおり。
LAの街中で撮影するときは、肩肘張らず、ラフかつ自然体に、というのを念頭に置きました。

反してハリウッドでの撮影は、衣裳がライダースだったりとメリハリが強く出たので、急遽カラースプレーを使って井澤くんの髪を染めて、印象をさらに尖らせたりしました。

 

めるも:え、その場で染めたんですか!?

完成した作品をちらっと見せていただきましたが……もう、カッコイイが止まりませんでした。メイクもお衣裳も風景もすべてそこに用意されていたかのようにかっちりとハマっていて。

でもところどころ遊び心が垣間見えたのはそういうことだったんですね。

 

植野堀さん:男ばっかりなのである意味泥臭く、ある意味ストイックに撮影しているのも関係してるかも知れませんね。
しかも現地では共同生活でしたし。

 

Ryotaさん:初回の宿泊先でベッドの数が足りなくって、井澤くんも含めた4人でビリアードして寝るところを決めたり。井澤くんが滞在したのは2泊3日だけだったけど、距離感が近いからすごく濃密な撮影だった。

 

めるも:お衣裳についてはいかがでしょうか?

 

植野堀さん:当日現場のたびにチェンジしつつ、撮影しつつ。
でもLAの空間にその衣裳が馴染んでいなかったら、その場で手を加えたりしました。

 

めるも:衣裳にですか?

 

植野堀さん:そう。実は普通のTシャツもいい具合にUSED感を出せる技があって。

 

Ryotaさん:そしたら井澤くんもめちゃくちゃハマって、自分で現地でTシャツ買ってリメイクしてたよね。

 

めるも:今回も展示用ポスターだけではなく、本撮影の冊子もあわせて作成されたんですよね?

 

植野堀さん:はい。今までSSHで出してきた冊子の中で最大のボリュームです。

 

めるも:それはすごく豪華。

 

Tsunodaさん:でもいい写真がたくさんあって、絞るのがすごく大変だったんです。

 

植野堀さん:悩みに悩んで入稿しました。最終候補でさえ400枚近くに(笑)。
井澤くんからも「どれもかっこよすぎて選べないですね」って言ってもらえるほど。

蔵出しできるなら他の写真もぜひ公開したいくらい、ほんとにいい写真ばっかりでした。

 

めるも:数多くの中から厳選したということですね。
あ、本日伺った裏話もほんの一部でしょうか?

 

植野堀さん:はい。15日に展示会場にゲストモデルの井澤くんを呼んでイベントをするのですが、その際にここで話していない撮影秘話も話そうと思っています。

 

めるも:事前情報で、『今年はまだはじまったばかりだけど、すでに“2020年の井澤至上最高峰の出来”』と小耳に挟みました。

 

植野堀さん:まさに(笑)。実は他の俳優の方からもこの撮影は嫉妬されてるくらい前評判が高いんです。
だからこそ僕たちも自信を持って、写真展に来ていただくお客様にお見せできると思います。

 

めるも:今から写真展がとっても楽しみです!
本日は貴重なお話、誠にありがとうございました。

 

(執筆・企画/那須恵里香

 

2月14日から展示会開催!15日にはイベントも

 

 

<写真展詳細>

『SSH Los Angeles Luxury Collection 』

・期間 : 2020年2月14日(金)~2月16日(日)
・会場 : ES GALLERY 2F
・住所 :〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-7-4 elephant STUDIO 2F
・時間:12:00-20:00
・入場料:無料
・SSH instagram:@ ssh.exhibition
・開催場所URL:http://elephant.tokyo/

2月14、15、16日の3日間、入場無料/写真撮影OK

 

※必読※15日にイベントにご参加予定の皆様へ

 

新型コロナウイルス発生におけるWHO緊急事態宣言を受け、本イベントでは感染予防、およびお客様への拡散防止のため、ご来場される全てのお客様にはマスクを着用いただくことを推奨、お願い申し上げます。

ご不便・ご不快に感じられることと存じますが、医療機関・公的機関の指示に従い、感染予防をお願いできますと幸いです。

詳しくは厚生労働省のホームページをご参照ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

ご協力の程お願い申し上げます。

 

 

会場に行けない!という方に朗報です。めるもが当日の様子をレポ予定

 

どうしても現地に行けない、もしくはトークイベントに当選しなかった……。という方に向けてめるも編集部が現地の様子をレポート致します。

なお、井澤さんのYou Tubeチャンネルでも撮影の模様が今後アップされるかも!?

 

井澤勇貴さんのチャンネルはこちら

 

あわせてチェキプレゼントも企画中ですのでひきつづきチェックをお願いします。

※変更する場合がございます。予めご了承ください。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ