「我慢しろ!」弘中綾香が青少年に放った“親目線の指南”が大好評なワケ

アサジョ

2020/2/8 10:14


 テレビ朝日の弘中綾香アナウンサーが2月1日放送の「アベマの時間 ひろなかラジオ浜辺美波が来たよSP」(AbemaTV)に出演し、未成年からの“甘酸っぱい”悩み相談に回答している。

番組では、未成年を対象とした「親に言えない悩み」をテーマに質問を募集し、その中から「外泊禁止の彼女と旅行に行きたい!どう誘えば良いですか?」との悩みを取り上げ、ゲストで参加した女優の浜辺美波と弘中アナが回答。

28歳の弘中アナは「未成年って感じですね」と切り出すと、「私はもう成人もそこそこに、親みたいな目線で言いますけど、外泊禁止の彼女とは(旅行に)行っちゃダメだ!行っちゃダメ!」と一蹴し、「ご両親が厳しいならダメですよ」と浜辺もこれに共感した。

続けて、女子校出身だったという弘中アナは「(学校に)女子しか居なかったのでこういう甘酸っぱい高校生活みたいなの無かった」とかつてを懐かしむと、「そんな大事に育てられた彼女さんだったら…(外泊は)我慢しろ!」と忠告している。

「バラエティ番組でのざっくばらんな物怖じしない発言が人気の弘中アナですが、外泊をしたがる未成年の相談者に対して親からの言い付けを守るよう促し、『我慢しろ!』と言い放った姿勢には“スッキリした”との感想が多く、『このアナ、一見とぼけているようで鋭い!』『すげーかっけぇー!大人たちは10代に甘いのに弘中アナ良いと思う』『弘中ちゃん、あんな感じだけど芯がしっかりしていて好感持てます。好きです』などと好意的な声が多いです。コワモテの大人からの“我慢しろ!”という忠告では反抗してしまう若者は多いかもしれませんが、童顔で可憐な弘中アナからの親目線の助言であれば、たとえ厳しいものであっても聞き入れてもらいやすいかもしれませんね」(テレビ誌ライター)

クイズ番組での博学キャラやバラエティでの毒舌キャラなど、器用かつ多才な能力によって、すでにテレビ朝日における重要な役割を複数任される弘中アナだが、新たに未成年への恋愛相談キャラというミッションも加わってしまう可能性がありそうだ。

(木村慎吾)

当記事はアサジョの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ