阿部真央「貴方の恋人になりたいのです」は片思い中の人に聞いてほしい名曲!

UtaTen

2020/2/6 17:00

やっぱり来てない・・・。




気になる人との距離を縮めるための手段といえば、メールやLINEなどのSNS。

「連絡してみようかな、でも返信がこなかったら嫌だな」なんて、携帯とにらめっこしながら悶々とした経験はありませんか?

そんな片思い中のリアルなモヤモヤが冒頭で歌われています。

勇気を出して連絡したものの、返信を待ちながら寝落ち。

翌朝何も通知がないのを見てガッカリ・・・。

とてもリアルなシチュエーションですよね。

だからグッと心を掴まれ、共感してしまいます。

もっと近づきたいけれど




この部分も片思いの経験がある人や恋愛中の人なら共感できるはず。

本当はもっと近づきたいけれど、話しかけて鬱陶しいと思われるのは嫌。

かといって適度な距離感を保とうとすると、今以上の関係にはなれない。

モヤモヤしますよね。

振り返ってみるとそんな駆け引きや葛藤もいい思い出になるはずですが、渦中にいるときはやり場のない気持ちになったりするものです。

叶うなら、この夏は隣で




サビでは控えめながらも切実な思いが歌われています。

夏といえば花火。

花火といえば浴衣を着て恋人と一緒に・・・というのが理想的ですよね。

そんな夏のワンシーンを具体的に願っているところから、相手のことをどれだけ好きかが伝わってきます。

きっと家で一人で過ごしているとき、「あの人とこんなことしないな」「あそこでデートしたいな」なんて色々想像しているんでしょうね。

みなさんにも似たような経験があるのではないでしょうか?

また、それらの願いを「厚かましい願い」とやや控えめに願っているのがこの曲のポイント。

とてもいじらしくて可愛らしく感じます。

ちなみに、2番の歌詞でも控えめです。



劇的な展開やドラマチックな展開は求めない。

派手な告白やサプライズもいらない。

あなたの恋人になれればそれでいい。

控えめではありますが、まっすぐな思いが伝わってきますね。

TEXT ゆとりーな

当記事はUtaTenの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ