城島茂の「老化」がDASH島で明らかに!?重大病を心配する声が続々

アサジョ

2020/2/6 07:15


 人気アイドルグループのリーダーでありながら、老化をネタにいじられキャラとして定着したTOKIO城島茂。テレビのバラエティ番組で「肩が上がらない」「老眼が進んだ」と明かしたこともある。また、昨年1月に放送された「ウルトラマンDASH」(日本テレビ系)の収録中には、はしごを使ったパフォーマンスの際、骨にひびが入る事故を起こしている。「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系)では、老化をネタにすることも増えた。

そんな城島の“老い”が改めて明らかになり、ファンを心配させている。きっかけは2月2日に放送された「ザ!鉄腕!DASH!!」だ。城島は松岡昌宏とSixTONESの森本慎太郎と共に、DASH島でサザエ獲りに挑んだ。

「竿の先にヤスをつけて海中のサザエを狙いました。最初こそ苦労していたものの、慣れると次々に揚げていました。ここでは老化を感じさせませんでした。問題はそのサザエを食べる時に起きました」(芸能ライター)

サザエをつぼ焼きにしてその身を食べたが、城島は飲み込むのに難儀していたのである。同時に食べた松岡と森本はすんなり飲み込んでいたのと比べると、リーダーは明らかに苦戦していた。

「これを見たファンから、あごが弱くなっているのではないかと心配の声が上がっているんです。飲み込むのに苦労するようだと、『嚥下障害』と呼ばれる病気に発展する可能性もあります。これは誤飲の危険性がありますし、食が細くなって体が弱り、より大きな病気になる可能性をはらんでいます。今はまだ大きな問題ではありませんが、いずれのことを考えると心配です」(週刊誌記者)

今年、50歳になる城島茂。末永くアイドルとして活動するためにも、体のケアは十分に行ってほしいものだ。

当記事はアサジョの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ