野呂佳代、体重の“申告ミス”であわや大ピンチ バンジージャンプで頭が…

 タレントの野呂佳代が4日、『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系/毎週火曜21時)に出演し、かつて体重の“申告ミス”が元で起こった重大なハプニングについて明かした。

ゲストの面々が自身の身に起きた「仰天ニュース」を披露するコーナーで、野呂が語ったのは、AKB48に在籍していた頃、テレビ番組で挑戦した落差48mのバンジージャンプでのこと。

野呂は挑戦の前に体重を聞かれ、思わず軽めの数字を「申告ミス」してしまったという。すると飛び降りた際、ヘルメットをかぶった頭が水中に突っ込んでしまった。実際の映像を確認したスタジオの面々はびっくり。MCの中居正広も「本当は(地面)スレスレにこないといけないのに、ザッパーンて」と驚けば、カンニング竹山も「(下が)水じゃなかったら死んでるよ!」と声をあげていた。

しかし、中居は「申告ミス」という表現に納得がいかなかったようで、「申告ミスじゃなくてサバ読みミスだろ!」と追及。実際に何kgを何kgと“過小申告”してしまったかという話になり、中居が「50kg台から60kg台になってるってこと?」と疑問を呈すと、野呂が「ここは(放送で)流すところじゃない!」と思わずオンエア拒否を願いでてスタジオの笑いを誘っていた。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ