大泉洋、テレビを観ていた市村正親から“演技のダメ出し”メール「テンション上げてくれ」

俳優・大泉洋が、映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』(2月14日公開)で共演する女優・小池栄子と4日放送『火曜サプライズ』(日本テレビ系)に出演した。小池の実家があった東京・下北沢で“アポなし旅”に挑戦したが、そのなかで大泉がベテラン俳優・市村正親から演技にダメ出しを受けたというエピソードを語った。

番組ではこの下北沢ロケに参加していたオリエンタルラジオ・藤森慎吾に、大泉洋が「藤森さん、ゴルフなさいます? 市村正親さんとゴルフしませんでした?」と藤森が先日ゴルフした話を持ち出した。そのメンバーが市村正親吉田沙保里、やす(ずん)に藤森慎吾というバラエティに富んだ面々だったという。

「すんごい楽しかった」と振り返る藤森に、大泉は「市村さんは去年(大泉が)やっていたラグビーのドラマをものすごい観てくれてて…」と、市村が大泉主演のTBS系日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(2019年7月期)の大ファンだったことを明かした。同ドラマでは、ラグビー部のキャストに元日本代表ラグビー選手など経験者を起用するこだわりぶりでも人気を博した。ドラマ放送後に日本で開催されたラグビーW杯が日本チームの快進撃で盛り上がったことは記憶に新しい。

大泉が演じたのは、大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマンで左遷を命じられた君嶋隼人。彼は低迷するラグビー部のゼネラルマネージャーを兼務することになり、ラグビー部と君嶋が再起をかけ戦うのだが、このドラマにあまりにもハマったのが市村正親だ。大泉洋は「ついに僕にメールを寄こして、『大泉くん、すまないが、もうちょっととテンションを上げてくれ』 演技のダメ出しがきた!」と手を叩いて爆笑しながら告白した。市村は「大泉くん、今やね、日本中がね、君のチームを応援してるんだよ。もうちょっとラグビー選手に対するときにね、テンション上げて欲しい」と訴えてきたそうだ。

これに「わかりました! やってみます」と答えた大泉は、「次の日からやたらテンション上げたんだよ。芝居変わっちゃったんじゃないかってぐらい」と市村のリクエストに応えたといい「何やってんだぁー!! 優勝だぁー!!」と再現してみせた。後日「芝居変えてみたんですけど、どうですか?」と大泉が確認したところ、市村からは「よかったよ!」と満足そうな答えが返ってきたそうだ。テレビで観ていた大御所俳優からのまさかのダメ出し。市村からお褒めの言葉が出たことに隣で聞いていた小池栄子も笑顔で拍手し、ほっとしたようだった。

画像2枚目は『火曜サプライズ【公式】 2020年2月4日付Twitter「今夜7時~放送」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ