徳勝龍、母親の教えは「ボケたらツッコめ」吉本新喜劇にも意欲的

大相撲初場所で初優勝した徳勝龍は、インタビューで優勝争いについて「意識することなく…ウソです。メッチャ意識してました。バリバリインタビューの練習してました」とコメントして話題になった。寡黙なイメージのある相撲取りとは思えぬ軽妙なしゃべりにTwitter上で「優勝したけど変な威圧感なく、良い意味で庶民的な力士…」という声も見られたが、彼のそんな人柄は子ども時代から培われてきたようだ。

20年ぶりとなる幕尻優勝、33歳5か月で最年長優勝歴代3位といった記録とともに「奈良県出身力士の優勝は98年ぶり」と注目を集めた徳勝龍。小学4年生で奈良県にある道場で相撲をはじめ、中学からは大阪府にある道場へ通った。相撲の名門校として知られる明徳義塾高校に進み、相撲部で伊東勝人監督と出会う。高校を卒業すると近畿大学の相撲部で活躍し4年生の時に木瀬部屋に入門した。

2月1日放送のTBS系『新・情報7DAYS ニュースキャスター』では、スタッフが徳勝龍と1月18日に亡くなった恩師・伊東監督をよく知る大阪・近畿大学相撲部元部長の南さんを訪ねた。

南さんは徳勝龍について「あのインタビューそのものですね。ああいうキャラです、昔から」と話しており、人を笑わせる明るい存在だったという。また、伊東勝人監督が徳勝龍の四股名を見て「僕の名前・勝人を取ってくれた」と嬉しそうにしていたというエピソードから師弟の絆がうかがわれた。

2月2日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』には徳勝龍が出演して、中学生の時に友達と漫才コンビを組んでツッコミ担当だったことを話すと「関西魂」や母親の教え「ボケたらツッコめ」にも触れており、子どもの頃からお笑いを通じてユーモアセンスを身につけたように思われる。

また少年野球でキャッチャーをやっていた彼は阪神タイガースファンで、初優勝したことから始球式のオファーがないかと期待していた。しかも投げる方でなくキャッチャーを希望しており「できれば球の遅いピッチャーがいい」と口にして笑わせた。

司会の東野幸治が「吉本新喜劇とかNGKとかは?」と振れば「できることがあれば何でも」と意欲的で、根っからお笑いが好きなようである。

そんな彼にTwitter上では、視聴者から「徳勝龍さすが、さんまさんの出た奈良市民」、「とても面白い方で 好印象しかありません(笑)奈良出身のさんまさんの番組出て頂きたい」、「奈良出身だし、早速『さんま御殿』とかお呼びかかるだろな。 あのトーク力、豊ノ島並みだもん、さんまが絶対喜ぶわw」と期待する声が見受けられた。

画像は『日本相撲協会 2020年2月1日付Instagram「奈良県出身の徳勝龍は三月場所がご当所の場所になります」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ