『ハクション大魔王』が帰ってくる! 50年ぶりの新作、主役はアクビちゃん

 昭和の人気アニメ『ハクション大魔王』の50年ぶりの新作となる『ハクション大魔王2020』が、読売テレビ・日本テレビ系にて4月11日より毎週土曜17時30分に放送されることが決まった。

『ハクション大魔王』は、童話“アラジンと魔法のランプ”に着想を得て、1969年に放送を開始、和製アラジンの先駆けとなったギャグアニメ。日本のお茶の間に笑いを届け続けてきた同作が、現代の東京を舞台とした新たな作品として帰ってくる。

今作の主役はハクション大魔王の娘であるアクビ。前作より50年の時がたち、大魔王の前のご主人・カンちゃんの孫である与田山カン太郎の元に、アクビが女王修行のためにやってくる。アクビが人間界でいろいろな女王修行を重ね、成長しながら夢を持つことの大切さをカン太郎とともに発見していくストーリーだ。

カン太郎とともに現代ならではのさまざまな職業を体験し、そこには職業ごとのトリビアをちりばめ、子供のみならず大人向けの要素も含んだ内容となっている。おなじみのギャグはそのままに、“夢を持つことの大切さ”を テーマとした、親子そろって楽しめる新しいハクション大魔王となっている。

今作でハクション大魔王の声を務めるのは、山寺宏一。アクビは諸星すみれ、大魔王の息子である新キャラクターのプゥータは山下大輝。また与田山カン太郎は島袋美由利が務める。

アニメ『ハクション大魔王2020』は、読売テレビ・日本テレビ系にて4月11日より毎週土曜17時30分放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ