『ダンキラ!!!』コーチにとって磯丸水産はコラボカフェ。“ダンキライン”コーチ会レポート〈番外編・ハシビロコーチのダンキライフ!!!〉

 

ライターのハシビロコが、オタクライフを満喫したい方に向けた時間の過ごし方や情報をお届けしている「おたスケ」。しかし今回はいつもとは様子が違うようで……?

“ダンキライン”コーチが集結!

 

こんにちは!先日性格診断をしてみたら適正職業がコーチだったハシビロコです。
なるほど少年ダンサー育成ゲーム『ダンキラ!!! – Boys, be DANCING! -』にハマってダンキライフを送っているのも無理はない。

私のように『ダンキラ!!!』沼にどっぷりのコーチたちとLINEグループ“ダンキライン”を結成し、「推しのベストショットを食らえ!」とスクショで殴り合う毎日です。

最近はメッセージのやり取りだけでは物足りなくなってきたので、ついにコーチ会を企画!私を含めて4人のコーチたちが一堂に会することになりました。

今回は、盛り上がりすぎて3次会にまで突入した“ダンキライン”コーチ会の様子をレポートします!

磯丸水産は(勝手に)コラボカフェ?

 

「おぼろ君のためにホタテを焼きたい!」と主張する私の希望で、会場は磯丸水産に決定。浜焼きができるお店なので、いつでもマリピアイベント(※)コラボができます。

(※)マリピアイベント
「おいでよ!マリンユートピア」と銘打って開催された水族館イベント。海辺でバーベキューをするシーンがある。おぼろ君の好物がホタテであると判明し、ハシビロコの好物もホタテになった。

 

予想通り、この後登場する魚介類にたくましい妄想力を発揮することに。『ダンキラ!!!』は食べ物ネタが多いので、飲食店と相性がいいのではないだろうか。

 

自己紹介もダンキラ!

 

コーチ会初開催だったため、リアルでは初対面のメンバーも。まずはお互いの推しと好きなキラートリック(※)で自己紹介です。

(※)キラートリック
ダンス中にダンサーが披露する決め技。表現力が高すぎて巨大な鏡餅や花や宇宙などが見える。コーチの中では“強めの幻覚”ともっぱらのうわさ。

 

ハシビロコ

 

三千世界、とくに霧山おぼろ推しのコーチ。好きなキラートリックはおぼろ君のパルクール技が光る「あすなろ合掌足」。
よく“ダンキライン”で富良見豪(※)と化している。オーレェッ!

(※)富良見豪(ふらみ ごう)
紅鶴学園の学園長。テンションが高く、頭にフラミンゴをかぶっているおじさん。

 

コーチF

 

最推しはおぼろ君、2推しは椿聖人&八神創真のコーチ。
好きなキラートリックは日向まひるの「デイドリーム」(※)だが肝心のカードがまだ手に入らない。

 

(※)デイドリーム
2人で手をつないで顔を見合わせる振り付けがあり、とんでもなくかわいい。推しと組ませてスクショを撮りたい。

 

コーチS

 

椿賢人&朝日ソラ推しのコーチ。好きなキラートリックは空から隕石が降ってくる「隕石を呼ぶ男」。

昨年コラボカフェ店内でNO FEAR(※)が流れた瞬間「この曲親の声より聞いた」という迷言を残した。

(※)NO FEAR
賢人が所属するチームB.M.C.が得意とする曲。推しがブレイクダンスを踊ってくれる。

 

コーチU

 

月光院ノエル&若草ゆかりの同室ペアが大好きな、エトワール推しコーチ。

好きなキラートリックはノエル君の神々しさで背景に三日月が見える「ミカヅキクラシック」。最近エトワールのエンブレムがガチャを引くためのアクアに見えてきた。

 

言うまでもありませんが、各コーチの服装は推しのイメージカラー。きっと作中に出てくる“BODY&SOUL Tシャツ”が商品化されたら全員着てくることでしょう。

 

お通しから大喝采

 

お互いの推しを再認識した後は、グッズ交換会がスタート!まだ乾杯もしていませんが気にしない。
ちなみにコーチUは推しの賢人くんが気に入っているコーラを注文していました。

 

 

お通しのししゃもを見て即座に「フルスイングししゃも!」(※)と盛り上がるコーチたち。バットがあったらぶん回していたことでしょう。

(※)フルスイングししゃも
とあるキャラクターのストーリーで出てくるあだ名候補。

 

 

さらにお刺身が出てくると、マグロがキーとなったメインストーリー第5章の思い出話が始まります。迷ゼリフ「マグロです!」を聞き返すと、これでもかとエコーがかかっていて驚いた。

 

ホタテを焼くときは、「こんなにたくさんのホタテ……!はあっ、緊張する……」とおぼろ君ごっこをするハシビロコ。
直後「おぼろ君、ホタテだよー」とフォトフレームを取り出して記念撮影を始めましたこのコーチ面倒だぞ!

 

 

すると「私も撮りたい!」とコーチUもノエル君とイカを撮影。両者の間に因果関係は皆無です、多分。

網を見守っていると、真っ先に殻を開けた主張の強いホタテが。コーチFとコーチUは「このホタテ、絶対に晶だ」と真面目な顔で談義していました。
もう収拾がつかない。

 

すごろくを作ろう!

 

メインストーリーやイベントの話で盛り上がっているうちに、「『ダンキラ!!!』すごろくを作りたい」と提案が。発端はお正月イベントで登場した「お正月スペシャルラッキーすごろく」(※)です。

 

(※)お正月スペシャルラッキーすごろく
各マスのイベント内容が妙に現実味のあるすごろく。「10マス進む」、「15マス戻る」など振り幅が極端でなかなかゴールできない。

 

すごろくのほかにも、『曲名を当てろ!スクショでイントロドン』『タイトルわかるかな?あらすじ早押しクイズ』などアイデアが出るわ出るわ。普段から創作活動もしているコーチだけあって、発想力が豊かです。

 

居ても立っても居られず、2次会のカラオケへ。まずはすごろくから実現させようと、マス内イベントの案を募ります。

 

1人1枚ずつ書いてもらったところ、ほどなくして紙びっしりの案が集まりました。写真はコーチUのアイデアメモ。

「宇宙人は……いる!2マス進む」、「スターゲイジーパイが失敗。キッチン改装のため10回休み」、「瓦が10枚割れた!10マス進む」など各コーチの推しにまつわるネタが多いのはご愛敬。

せっかくなので、後日全員の案を組み込んだすごろくシートを作ることになりました。もちろんコマの代わりに使うのは推しのアクスタだ!

 

コーチ会はキラートリック

3次会でも『ダンキラ!!!』グッズ片手にカラオケを楽しみ、日付が変わるギリギリまで話に花を咲かせたコーチたち。
感想を聞いてみると「楽しすぎて強めの幻覚を見ていたのではないか」と、キラートリックを連想させるコメントをもらいました。

コーチ仲間と話しているといつも実感するのが、同じ作品を語り合える友人のありがたさ。

学生時代は同じクラスの友人と、毎日のようにアニメやゲームの話をしていました。しかし大人になるとそんな機会も減ってしまい……。1人で淡々と沼に沈んでいくことがほとんどでした。

そんなとき『ダンキラ!!!』という共通点ができ、朝晩はLINEなどで『ダンキラ!!!』トーク。新情報が発表されれば“ダンキライン”に集合する毎日を過ごせています。

誰かと感想を共有するだけで作品の魅力が何杯にも膨れ上がり、沼もまた深みを増す。そんなオタ活の原点を思い出させてくれた『ダンキラ!!!』には感謝しかありません……!

今後も定期的にリアルコーチ会をしていく予定なので、また思い出話をお届けするつもりです。3月の『ダンキラ!!!』×横須賀聖地巡礼イベントが今から楽しみすぎる……!


『ダンキラ!!! – Boys, be DANCING! -』公式サイト
https://www.konami.com/games/dankira/

磯丸水産公式サイト
https://isomaru.jp/


 

WRITER

  • ハシ ビロコ
  •        

  • アニメとドイツ語とハシビロコウを愛するフリーライター。アニメ好きの両親のもとに生まれたオタク2世で、幼少期はCCさくらとガンダムSEEDを見て育った。趣味でハシビロコウブログを運営中。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ