【九星フラワー占い】二黒土星の2月の運勢は「喜びやチャンスの種が!」

OTONA SALONE

2020/2/5 00:07



「一年の計は元旦にあり」という言葉がありますが、この2月はこれから始まる2020年の金運アップを左右する鍵となる1ヵ月なので、【2/4~3/4の運勢を総まとめ】には、そのポイントをご紹介しました。

ここでは星ごとに、月の運気とあわせて、今年のお守りとなるラッキーアイテムについてもお話していきます。

※二黒土星の生まれ年は1962年、1971年、1980年、1989年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

周囲から徐々に変化が起こりはじめる


例えば 気の合うご近所さんが引っ越しになったり、組織の中で 頼りになる先輩や後輩が 別の部署に異動になったり。

思わぬ変化がありそうです。

その中で あなたの役割や立場、求められることも 変わっていくことでしょう。

変化を苦手とする二黒土星にとっては色々な変化変革が予想されるこの1ヵ月は 、かなりしんどいかもしれません。

味方はいるので、相談しながら進むこと


けれども冷静になって見渡せば、変化があるから切羽詰まっているのであって、トラブルが起きてもそれはいつもなら難なく対処できているもののはず。

そして、「私だけこんなにひどい目にあっている」「誰も頼れない」なんて思わないでください。

最終的には、あなたにしかできないことが多いかもしれませんが、周囲の人たちは、あなたを助けようと見守っていますので、困ったときは相談しながら進めてください。

じつは喜びやチャンスの種がその手の中に!


何かを引き継いだとき、それは厄介なことかもしれませんが、じつはメリットやうれしいこと、ごほうびなどが隠れていて、そこはミッションをコンプリートした後に、あなたへと引き継がれます。

つまり、喜びやチャンスの種があなたの手の中にポロリと落ちてくるということ。

ですから、悲観したりふて腐れたりしないでください。

暗い気持ちになると、不意にトラブルが巡ってくるので、要注意です。

今月の恋愛運と金運は?


恋愛運ですが、お見合いの話や、小規模にこっそりとした合コンのお誘いがあるかもしれません。

忙しいかもしれませんが、ぜひその手の話には乗ってみてください。

好みの男性とは巡り合えないかもしれませんが、何度か話してみると、優しさに打たれて付き合ってもいいかなという気持ちになったり。

あるいは、その相手の知人の男性につながるといったこともあるので、「無し!」と決めつけないで。

金運は、現段階ではイマイチですが、後々の収入減となる何かに取り組んでいたりするので、落ち込まないで!

今月のラッキーアイテムはこれ!


ラッキーカラーはブラウンカラーとブラック。パニックになりそうなときには、この組み合わせのファッションを身につけると落ち着きます。

また、2月4日を過ぎて最初に買うものの色をレッドか、パープルにすると、それが1年間のお守りになります。

ラッキーパーソンは、教育関係の仕事をしている人。

運気アップだけでなく、思わぬヒントがもらえそう。

ラッキーフードは、温かいとろろそば。汁をしっかりいただくのがポイントです。

風邪をひきやすくなっているので、予防のために、疲れたなと感じたり、食欲のないときに食べるようにしてください。

カーネーションの花が象徴する二黒土星の魅力とは


母の日に贈られるカーネーションは、母性の星である二黒土星を象徴するのにピッタリと言えます。花言葉は「純粋な愛」、「母の愛」で、これはまさに母の包容力をあらわすような言葉ですが、二黒土星の女性には、人に優しく包容力があるのが特徴です。のんびりとマイペースではありますが、自分を頼ってくれる人を受け入れ、自分の周囲の人、とくに家族の幸福を思って、おいしい食べ物や体を温める衣類などをつねに準備しておくような、女性らしさがあり、みんなを癒します。

※全体の運勢を知りたい人はこちら( https://otonasalone.jp/?p=151864&preview=true )

(イラスト オオスキトモコ)

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ