「LISTENERS」メインキャスト発表 じんプロデュースのED主題歌全12曲をミュウ役の高橋李依が歌唱

アニメハック

2020/2/4 21:00

(C)1st PLACE・スロウカーブ・Story Riders/LISTENERS 製作委員会
 テレビアニメ「LISTENERS(リスナーズ)」に出演するメインキャストの顔ぶれが発表された。世界を守るロックスター“祈手(プレイヤー)”に憧れながらも、スクラップ拾いをして暮らす少年エコヲを村瀬歩、10年前に人類を脅かす生命体“ミミナシ”との戦い“フェス”で伝説を残し、消息を絶った祈手のジミを福山潤が演じる。1月に公開されたティザームービーで出演が示唆されていた水樹奈々、山寺宏一、諏訪部順一、大原さやか、日笠陽子、釘宮理恵、花澤香菜、八代拓、上村祐翔の出演も確定。新たに銀河万丈、田中敦子、ゆかな、千葉繁、中村悠一、大塚芳忠らの参加も決まった。

エンディング主題歌全12曲を、ヒロインのミュウ(CV:高橋李依)が歌うことも決定した。各楽曲は、「カゲロウプロジェクト」で知られ、今作のストーリー原案などを担当するじんが、作詞、作曲、プロデュースを務める。また、同作の放送が、4月からMBS、TBS、BS-TBSの「アニメイズム」枠内でスタートすることも明らかになっている。

同作は、身体にインプットジャックが空いた謎の少女ミュウとエコヲが、音楽と呼ばれるものが存在しない世界を旅する姿を描くオリジナル作品。監督を務める安藤裕章は「『リスナーズ』は僕たちの大好きな『ロック』の世界が舞台。でもかなり変わってる。『ロック』の世界をワンダーランドにした物語。世界を護(まも)るロックスターたる『祈手』の女の子ミュウと、『祈手』に憧れる少年エコヲの出会い。そして旅立ち。グランジ、ファンク、パンク等々、毎話新たなジャンルを巡ります。『音』の世界を巡る旅にエコヲミュウと一緒に出かけて下さい」と、作品の世界観とストーリー展開をほのめかしている。

さらに、各キャストが演じるキャラクター全員のビジュアルも公開された。キャラクターデザインを担当したpomodorosaは、「好きなだけ音楽ネタをぶち込んでOKとのことだったのでオファー即受けでした(笑)。往年のロックスター本人はもちろんアルバムやライブのオマージュ、MVの小ネタやトリビアなど、これでもかというほど俺得デザインを詰め込みました。ただ『わかる人にはわかる』ではエンタメとして成立しないので、元ネタがわからない人でもカッコいい、かわいい、面白いと感じてもらえるキャラ造形を目指しました」と話している。

当記事はアニメハックの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ