吉田戦車、奥浩哉ら20名の漫画家が20の東京を描く・漫画「もしも東京」展、開催

東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京が主催する”Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13”のひとつとして、2020年夏に漫画「もしも東京」展が、東京都現代美術館にて開催されることが決定した。

漫画「もしも東京」展は、東京にとって大きなターニングポイントを迎える2020 年に、日本を代表する漫画家たちが「東京」を漫画作品で残すというアートプロジェクトだ。
この度、本プロジェクトに参加し、漫画作品を描き下ろす20名の漫画家が決定した。
『ピンポン』の松本大洋、『ソラニン』の浅野いにお、『BLUE GIANT』の石塚真一などが、「東京」をテーマにした新作漫画を展示作品として描き下ろす。

世界中の人々が足を運ぶ都市、東京。
2020年の夏、映像でも写真でもなく、東京を「漫画」作品として残すアートプロジェクトとして、漫画「もしも東京」展は開かれる。
日本を代表する漫画家20 名がそれぞれの視点と想いで、誰も見たことがない20の東京をぜひ間近で体感してみてはどうだろう。

◆参加漫画家(50音順) ※()内は代表作
・浅野いにお(『ソラニン』『おやすみプンプン』『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』)
・安倍夜郎(『深夜食堂』)
・石黒正数(『天国大魔境』『それでも町は廻っている』『木曜日のフルット』『外天楼』)
・石塚真一(『BLUE GIANT』『岳 -みんなの山-』『BLUE GIANT SUPREME』)
・市川春子(『宝石の国』『虫と歌 市川春子作品集』)
・岩本ナオ(『町でうわさの天狗の子』『金の国 水の国』『マロニエ王国の七人の騎士』)
・太田垣康男(『機動戦士ガンダム サンダーボルト』『MOONLIGHT MILE』)
・大童澄瞳(『映像研には手を出すな!』)
・奥浩哉(『GIGANT』『GANTZ』『いぬやしき』)
・小畑友紀(『僕等がいた』)
・黒田硫黄(『セクシーボイスアンドロボ』『大日本天狗党絵詞』『茄子』)
・咲坂伊緒(『アオハライド』『ストロボ・エッジ』『思い、思われ、ふり、ふられ』)
・出水ぽすか(『約束のネバーランド』)
・萩尾望都(『ポーの一族』『11 人いる!』『バルバラ異界』『トーマの心臓』『半神』)
・昌原光一(『こはぜ町ポトガラヒー~ヒト月三百文晦日払~』『人情幕ノ内』)
・松井優征(『暗殺教室』『魔人探偵脳噛ネウロ』)
・松本大洋(『鉄コン筋クリート』『ピンポン』『Sunny』)
・望月ミネタロウ(『バタアシ金魚』『ドラゴンヘッド』『ちいさこべえ』)
・山下和美(『天才 柳沢教授の生活』『不思議な少年』『ランド』)
・吉田戦車(『伝染るんです。』『ぷりぷり県』『まんが親』)
※内容は予告なく変更になる可能性があります。

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ