『刀剣乱舞』佐伯大地&『シロクロ』きづきの凸凹コンビに注目!『ランチ合コン探偵』第5話

山本美月が主演を務める木曜ドラマF『ランチ合コン探偵 ~恋とグルメと謎解きと~』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~※一部地域を除く)の第5話が、2月6日に放送される。山本演じる天野ゆいかとトリンドル玲奈演じる阿久津麗子の合コン相手として、きづきと佐伯大地がゲスト出演する。

ランチタイムを利用して恋人を見つけることを目的とする“ランチ合コン”を舞台に、謎解きが大好きなヒロイン・ゆいかが、合コン相手にまつわる謎を解き明かす1話完結の新感覚ミステリードラマ。原作は、水生大海の「ランチ探偵」シリーズ(実業之日本社文庫)。瀬戸利樹、坂口涼太郎、木村祐一らが共演に名を連ね、毎話合コン相手ゲストが登場する。

きづきは、出版社に勤める稲生正也と、稲生の双子の弟・直也の2役を演じる。稲生は、生真面目な性格で、合コンで緊張してしまうような純朴な男性。合コン中に、直也の妻が謎のメッセージを残して失踪したことが発覚。ゆいかは、その謎を解き明かしていく。

きづきは、『監察医 朝顔』(フジテレビ系)、『G線上のあなたと私』(TBS系)、現在放送中の『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(読売テレビ・日本テレビ系)に出演するなど、各作品で強い印象を残している。

そして佐伯が演じるのは、稲生の同僚・原貴俊。ダジャレ好きで、イケメンながら、ちょっとトボけた味わいのある男性という役どころになる。佐伯は、ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズで人気を博し、連続ドラマ『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)『シャーロック』(フジテレビ系)などに出演している注目の俳優。ワイルドな風貌とコミカルな演技から生まれるギャップの魅力に期待が高まる。

佐伯は184cm、きづきは155cmと約30cmの身長差。凸凹コンビの妙も、見どころとなる。

<第5話あらすじ>
ゆいか(山本)と麗子(トリンドル)は、麗子が友人の結婚式の二次会で知り合った原(佐伯)とランチ合コンすることに。麗子は、今度こそ彼氏をゲットするとやる気満々。

そんな中、大仏ホームでは会長の志乃(手塚理美)が社内を見回りに来て、亀田(木村)たち経理部の面々は大慌て。やり手の志乃は、社員たちから恐れられていた。麗子たちが志乃の威厳に圧倒される一方で、ゆいかは……。

原との合コン場所は、ドイツ料理店だった。ゆいかは、メニューを見て笑いだす。この店のメニューの表記は“ドイツ風831スープ”というように、謎解きや暗号になっていた。ゆいかは、一目見てメニューの暗号を解く。原は「“831”って書いて“やさい”って読むんだ」と暗号を解いて喜ぶ。原の無邪気さに、魅力を感じる麗子。

原は、友人の稲生(きづき)を連れてきていた。ゆいかと麗子は、稲生に双子の弟がいるという話を聞く。稲生の弟・直也は新婚で、稲生は片思いの女性がいたのだが失恋してしまった。原は、そんな稲生を心配していた。

合コンの途中、稲生は直也から、彼の妻・夏美が姿を消したという電話を受けて動揺。夏美は、部屋に“帝王は地球に優しい”という意味不明なメッセージを残していた。この謎に反応したゆいかは早速、稲生への聞き込みを開始する。

直也と夏美は、出会って2か月で結婚。夏美は積極的な性格で、茶目っ気たっぷりに暗号を使って直也にプロポーズしたのだった。幸せいっぱいの新婚夫婦に、一体何が起こったのか?“帝王は地球に優しい”というメッセージの意味は? そして、夏美は今、どこにいるのか!?

ゆいかは、夏美が残したメッセージを手掛かりに、この失踪事件の真相に迫っていく……。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ