ルイス・キャパルディ、グラミー賞授賞式での飲み過ぎを反省「1か月間は酒を断つ」

スコットランド出身のシンガーソングライター、ルイス・キャパルディ(23)が現地時間1月26日に開催されたグラミー賞授賞式に出席した。初めてのグラミー賞参加に興奮したルイスは、ぽっちゃり出たお腹を「妊娠6か月」と自虐、空席を埋めるために来た女性には「席を立て」とまで言われたそうだ。最後には会場で大酒をあおり、ひどい二日酔いになる始末。ついに今後1か月間の禁酒を宣言するなど、切ないバラードからは想像もつかないコミカルな素顔が明らかになった。

ルイス・キャパルディはデビュー曲『サムワン・ユー・ラヴド』が、2019年秋に全米シングルチャート1位に輝いたイギリス期待の新人だ。同曲は全英シングルチャートでも7週連続1位を獲得している。

そんな大ヒットシングルがグラミー賞で最優秀楽曲賞にノミネートされ、現地時間1月26日の授賞式に出席した。惜しくも賞はビリー・アイリッシュの『バッド・ガイ』が獲得、受賞できなかったルイスは悲しみに打ちひしがれ、アルコールを摂取し過ぎてしまったという。デビュー後初のグラミー賞授賞式参加ということもあり、あまりの興奮からはしゃぎ過ぎてしまったようだ。

授賞式の翌日、ひどい二日酔いに悩まされたルイスは自身のインスタグラムでライブ配信し、今後1か月間の禁酒宣言をした。動画では「グラミーでのビッグな1週間。かなり酔っ払った」と述べており、466万人のフォロワーに向けて「これから1か月間、酒を断つ。ブリットアワード(イギリスの音楽授賞式)以外は」と断言している。

レッドカーペットでは自慢の大きな腹を両手で抱え、「今、6か月目。妊娠後期なんだ」とジョークを飛ばしていたルイス。カメラに向かって様々なポーズを取った後、「聞いてくれ。こんなこと(グラミー賞ノミネート)は二度と起こらないよ。この後、落ちぶれるだけだから」とイギリス人らしい自虐ジョークも連発した。シングルが大ヒットしたことに「本当に良い年だった。今のところ曲も売れてるし」と話したものの、今後のキャリアについては「仕事がどうも干され気味でね。電話がちっとも鳴らないんだ。最近はアパートで一人寂しく過ごしてるよ。僕のことを嫌ってる犬のパディと一緒に」と言い、「この後すぐ、僕のキャリアは急降下するんだろうな」と自虐気味に語った。

ルイスはその後、会場内のトイレで便座に座る姿を自撮りし、ツイッターに公開している。授賞式に着席した際には、空席を埋めるために来ていた女性に「私がこの席に座るから、あなたは行って良いわよ」と言われたそうだ。どうやら女性は、自分と同じようにルイスも“空席を埋める役”と勘違いしたようだ。だが機転の利くルイスは「分かってる、受賞はできなかった。でも、最後まで座っていても良いと思うんだ」と素早く返したという。

ルイスは今回ノミネートされた『サムワン・ユー・ラヴド』で、大切な人を失う悲しみを切ないピアノ・バラードで見事に歌いこなしている。しかしその素顔はシリアスな曲のイメージとは裏腹に、親しみやすく温かい人柄の持ち主だ。ちなみに1月27日付全英シングルチャートでは新曲『ビフォア・ユー・ゴー』が1位を獲得、ツイッターではさっそくワイングラスとトロフィーを持った写真を公開し、「これで2発屋になれるかな? みんな、ありがとう!」とコメントするなど、いつものお調子者ぶりを発揮した。

なおルイス・キャパルディは現地時間2月18日にロンドンで開催されるブリットアワードの4部門にノミネートされており、授賞式に出席する予定だ。同じ4部門にノミネートされた同年代のラッパー、デイヴをはじめハリー・スタイルズやエド・シーランらと賞を競い合う。

画像は『Lewis Calamari 2019年11月20日付Instagram「GRAMMY AWARD NOMINEE Lewis Capaldi still has New York themed wallpaper in his bedroom, spread the word」』『Lewis Capaldi 2020年1月26日付Twitter「#GRAMMYs BABY!!!」、2020年1月31日付Twitter「‘Before You Go’ is the U.K number 1 single!!!!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ