ヤマハ音楽教室のCMで子供たちが「ドレミ」で歌う理由とは?

めるもPR

2020/2/3 06:45

 

PR:ヤマハ音楽振興会

 

幼稚園や保育園に通ったりして様々なことに興味を持ち始める幼児期。脳の発達が著しく習い事を始めるには最適な時期と言われています。そんな幼児期のお子様がいるご家庭では、どんな習い事をさせたいかお悩みではないでしょうか?

 

そこで今回は人気の習い事でもある音楽教室をご紹介。音楽力も特に幼児期から始めるのがいいと言われています。

 

まずは「ドレミファソーラファミ、レ、ド~♪」でおなじみの『ヤマハ音楽教室』のCMを御覧ください。

 

 

幼児期に音楽力が伸びる。その理由とは?

 

CMはいかがでしたでしょうか? 子供たちが楽しそうに元気よく歌っているヤマハ音楽教室のCMって癒やされますよね。

 

「音感」が最も身につくのは幼児期

 

4~5歳の幼児期は、音楽的な聴感覚が最も発達する時期と言われているそうです。音楽を聴く、歌うことで「音感」が身につく時期なのです。

 

「音感」は音階の聞き分け、リズム、音の強弱など音楽を形成する様々な要素で、すべての音楽の基礎となる力です。この力が将来的に楽器演奏力や表現力の向上につながるのです。

 

「ドレミファソーラファミ、レ、ド~♪」と歌詞を音階で歌うのも「音感」を身につけるためです。

 

 

ヤマハ音楽教室が選ばれるワケ

 

ヤマハ音楽教室では、子供の発達段階に合わせた「適期教育」を行っています。

 

聴感覚が最も伸びる幼児期には、音楽の基礎となる「音感」を身につけます。その音感が、児童期に最も伸びると言われる演奏力や読譜力につながり、演奏技術や表現力、アレンジや作曲ができる創造力を育むことで音楽を様々な形で楽しむことができる様になります。

 

幼児期の「聴く」「歌う」から始めるレッスンは、一見、演奏技術獲得に「遠回り」と誤解されることもあるのですが、実は演奏など音楽表現力の獲得のための近道になるのです。

 

そんな適期教育で楽しく無理なく子供の無限の可能性を引き出すヤマハ音楽教室のメソッドは、なんと累計550万人の方に選ばれてきた実績があります。

 

ヤマハ音楽教室の公式サイトでは、著名な卒業生や保護者の声も紹介していますので、ご参考にしてみてください。

 

「Why Music ? Why Yamaha? ヤマハ音楽教室で育った人たち」 

 

幼稚園や保育園でも音楽の時間は子供たちも大喜び、ご家庭で覚えた歌を歌ったりしてますよね。そんな大切な幼児期に正しい「音感」を身につけて、可能性を広げてみてはいかがでしょうか。

 

 

ヤマハ音楽教室、無料体験レッスン実施中!?

 

ヤマハ音楽教室では現在、5月の開講に向けた無料体験レッスンを実施中。コースは、「幼児科(4・5歳)」を含め、1歳から小学生までの4つです。

 

WEBサイトでお近くの教室検索・無料体験、レッスン見学の申し込みが可能です。また、無料体験・レッスン見学に参加でもれなく、ヤマハ音楽教室のキャラクターぷっぷると、TVCMにも出演中のケロポンズのイラストがモチーフのパノラマシールブックをプレゼント。

 

無料体験レッスンの詳細、お申込みはこちらから

 

幼児科コース概要

 

対象:4歳(年中)、5歳(年長)
<2020年度クラス>2014.4.2~2016.4.1 生まれ
期間:2年レッスン形態グループレッスン(1クラス10名程度)
※レッスンは保護者の方とご一緒です。
レッスン回数:年40回
レッスン時間:1回60分
※教室の入れ替え時間を含みます。
開講月:5月
レッスン料金:6,500円(税抜・月額)
※教材費が別途必要となります入会金・施設費教室によって異なります。

 

詳細は「ヤマハ音楽教室」公式サイトでご確認ください。

公式サイトはこちらから

 

(文・めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ