手塚プロダクション『さよなら、ティラノ』初夏公開 音楽は坂本龍一

クランクイン!

2020/1/30 10:00

 累計200万部超を記録する宮西達也による絵本「ティラノサウルスシリーズ」を、劇場版『名探偵コナン』シリーズを多く手掛けた静野孔文監督と手塚プロダクションがタッグを組み映画化した、『さよなら、ティラノ』が初夏に公開されることが発表された。音楽は坂本龍一が担当する。

原作は、宮西達也の『ずっとずっといっしょだよ』(ポプラ社刊)ほかティラノサウルスシリーズの絵本。最強なのに暗闇を怖がるティラノサウルス“ティラノ”と、飛ぶことができなくても常に希望を抱いて生きるプテラノドンの少女“プノン”が、ともに旅をして絆と友情を育む姿を描く冒険物語だ。脚本はTVアニメ『カウボーイビバップ』『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』などを手掛けた佐藤大。

声優陣は、ベテランから若手まで勢ぞろい。ティラノ役を三木眞一郎、 プノン役を石原夏織、冒険の途中で彼らの仲間に加わるトリケラトプスの子供トプス役を悠木碧が演じる。そのほか、小西克幸、井上喜久子、森川智之、檜山修之、石塚運昇が脇を固める。

大昔、恐竜の時代。氷河期が近づき、すべてが荒廃していた。そこには、乱暴なゴルゴサウルスの群に追われているプテラノドンの少女プノンの姿が。「もうダメ!!」と捕まりそうになったプノンとゴルゴザウルスたちの前に現れたのは、巨大で、とても強そうなティラノサウルス。そう、地上最強との呼び声高いティラノサウルスだった。

さすがのゴルゴサウルスたちも、ティラノの迫力におされ、プノンを諦め逃げ出してしまう。邪魔者がいなくなった今、ティラノがプノンを食べる番。しかし、ティラノはプノンに目もくれず、木の上になっている赤い実をむしゃむしゃと食べはじめた。「おじちゃん、私はプノンだよ。おじちゃんの名前は何? なんで私を食べないの?」「おじちゃんは肉食なのに、なんで赤い実を食べるの?」と休む間もなく喋るプノンを後に、ティラノが自分の道を進もうとした瞬間、プノンはある提案をする。

「おじちゃん、私は『天国』というところを探してむかってるよ。そこは無数の赤い実を食べられるこの地上唯一の楽園だよ。一緒に行かない?」―そう誘われ乗り気になったティラノは、プノンと一緒に旅をすることを決意。一方、ティラノの「地上最強」の地位を奪おうと企てるゴルゴサウルスたちは、ティラノに執心してしつこく彼らを追う…。

発表と併せて解禁されたティザービジュアルは、たくさんの美しい蝶が舞う自然の中、笑顔で向かい合うティラノとプノンの姿を描いたもの。横には「ずっといっしょだよ。」というキャッチコピーが添えられており、彼らの心温まる冒険に期待が高まるビジュアルとなっている。

映画『さよなら、ティラノ』は初夏公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ