Ginza Sony Parkが伝説のロックバンド〈QUEEN〉の曲をテーマにした遊び場に!

IGNITE

2020/1/27 19:00


映画「ボヘミアン・ラプソディ」の世界的大ヒットで、新たなファン層を拡大した伝説のロックバンド”QUEEN/クイーン”。

現在は、アダム・ランバートをボーカルに迎え”QUEEN+ADAM LAMBERT”として世界ツアー中。1月25日さいたまスーパーアリーナからスタートする来日公演に合わせて、クイーンの音楽世界を体感するイベントがGinza Sony Park(銀座ソニーパーク)で1月22日より始まった。

「聞く」「見る」とは異なる「クイーンの音楽世界を体験する」楽しみをご紹介しよう。

地下2F、地下鉄銀座駅につながる通路からの入り口に設置されたネオンサイン

◾︎Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)とは



1966年~2017年まで、銀座数寄屋橋交差点のシンボルとなっていた旧ソニービル。新たにGinza Sony Park(銀座ソニーパーク)として生まれ変わるため、現在は<フェーズ1>として地上から地下4階の垂直立体公園「LOWER PARK」が期間限定で開園している。2018年8月9日の開園以来、すでに来場者が500万人(※)を超えるなど、その形はビルから公園へと変わっても数寄屋橋交差点のシンボルとして親しまれている。※ 2019年11月30日時点



Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)は都会の中にある実験的な公園として、年間を通して驚きや遊び心が感じられる様々な体験型イベントやライブなどのプログラムを実施している。特に昨年からはソニーグループのコンテンツを、ソニーの技術で体感するプログラムを集中的に開催している。

昨年2019年は「#009 WALKMAN IN THE PARK(ウォークマン)」「#010 MUSIC IN THE PARK(東京スカパラダイスオーケストラ)」「#011 GHOSTBUSTERS In THE PARK(ゴーストバスターズ)」が開催。そして、今回は「#013 QUEEN IN THE PARK ~クイーンと遊ぼう~」だ。

数寄屋橋交差点に面した1Fに設置された、フレディーマーキュリーのシルエット鏡像

◾︎QUEENを体感するとは?

「クイーンと遊ぼう」をテーマにした今回のプログラムでは、数々の名曲の中からキャリアを代表する5曲をピックアップ。ソニーのテクノロジーを活用して、その音楽世界を様々なアプローチで体感することができる。

ピックアップされたのは

We will Rock You(ウィ・ウィル・ロック・ユー)
RADIO GA GA(レディオ・ガガ)
Bohemian Rhapsody(ボヘミアン・ラプソディ)
We are the Champion(伝説のチャンピオン)
ANOTHER ONE BITES THE DUST(地獄へ道づれ)

以上の5曲。それぞれをどのように体感できるのかご紹介しよう。

地下1Fでは、フレディーマーキュリー仕様のaibo君がお出迎え

『WE WILL ROCK YOU – Melody Step』(PARK GL / 地上階)



旧ソニービルでお馴染みの「ドレミ階段(メロディステップ)」が復活。地上から続く大階段を降りながら「We will Rock You」の印象的なイントロ「ズン・ズン・チャ」「ズン・ズン・チャ」をテンポよく奏でられると、そのまま曲が流れ始めるという仕掛けになっている。イントロを上手く奏でられると、まさに快感。歩くことでドラマーのロジャー・テイラー気分を満喫できること確実だ。



 『RADIO GAGA – Radio Installation』(PARK B1 / 地下1階)



大階段の下には、ソニーの歴代ラジオ70台が、個々の音の重なり合ったサウンドで「RADIO GA GA」を奏でるというインスタレーション。フレディー・マーキュリーが活躍していた時代のラジオも多数並んでいて、聞く楽しみだけでなくラジオの外観から時代の変遷をも感じることができる。



『BOHEMIAN RHAPSODY – Sound VR』(PARK B2 / 地下2階) 



ソニーの空間音響技術「Sonic Surf VR」によって、これまでにない没入感と立体感のある音楽体験が楽しめるのが「Sound VR」だ。ソニーが独自に開発した波面合成アルゴリズムによって、目に見えない存在である音に “ 触れられる” かのような体験を実現させる。

約10mのトンネル状の空間に入ると『Bohemian Rhapsody』の楽曲が流れ、ボーカル、コーラス、ギター、ベース、ドラムなどそれぞれの音が、左右前後や上下に立体的に聞こえてくる。この空間の中には48ユニットのスピーカーが設置されている。1ユニットには小さいスピーカーが8つ組まれているので、つまり合計384チャンネルから繰り出される音が全身にまとわりついてくる。384チャンネルのSound VRは国内初の試みとのこと。

目を閉じていると、自分をすり抜けていく音を思わず触りたくなるような感覚に襲われる。ハイレゾとも5.1chサラウンドとも異なる、まったく新しい音楽体験が楽しめる。



『BOHEMIAN RHAPSODY – Video Parody』(PARK B2 / 地下2階) 



世界的にアイコニックなミュージックビデオとして親しまれている『Bohemian Rhapsody』。ブースに入って、映像に合わせて上を向きながら口を動かす様子を撮影すると、メンバーと自分の顔が入れ替わったクリップが完成するという体験展示。完成した動画は再生後に表示されるQRコードを読み込むことでスマホで表示できる。



『ANOTHER ONE BITES THE DUST – Fragment Shadow』(PARK B3 / 地下3階) 



光が生み出す本当の影を変容させるマルチプロジェクションシステム「Fragment Shadow」を駆使した、音楽を視覚で楽しむ体験。横幅約13メートルのプロジェクション空間に立ち、投影される映像(QUEENのメンバーのシルエットやライブ映像)と自分の影を重ねていくことで、まるでスクリーンの中に入り込んだかのような感覚を味わえる。



『WE ARE THE CHAMPIONS – Karaoke Champion』(PARK B3 / 地下3階)



QUEENの音楽世界を体感して、自分でも歌いたい欲求が極まった人のための1人用『We are the Champion』専門カラオケボックス。フレディ・マーキュリーの歌ありVer.と、歌なしVer.が選べるので、フレディと一緒に歌うことも、フレディになったつもりで歌うことも可能だ。防音機能に優れており、外にはほぼ音が漏れないので、心ゆくまで熱唱できる。

用意されているマイクもフレディ仕様

『JEWELS – Donation Juke Box』(PARK B4 / 地下4階)



地下4Fには、クイーンのアルバム「JEWELS」専用オリジナルジュークボックスが設置されている。募金口にお金を投入して、「JEWELS」収録16曲の中から好きな1曲を、地下4FのPark BGMとして大音量で奏でさせることができる。ジュークボックスに 投入されたお金は、フレディ・マーキュリー追悼コンサートの収益を原資として立ち上げられた世界規模でAIDSと闘うチャリティー財団「THE MERCURY PHOENIX TRUST」に寄付される。

「KIOSK」(PARK B1 / 地下1階) 



書籍やCD/DVDなどの関連商品が、地下1F「KIOSK」にて販売されている。関連商品を購入すると、限定ステッカーがプレゼントされる。また来日記念スペシャル・ベスト・アルバム「GREATEST HITS IN JAPAN」には、特典カレンダーが付いている(無くなり次第終了)。



全身でクイーンを体感できる「#013 QUEEN IN THE PARK ~クイーンと遊ぼう~」、長年のクイーン・ファンはもちろん、まだクィーンを未体験という方も楽しめること確実だ。

最後に「#013 QUEEN IN THE PARK ~クイーンと遊ぼう~」開催に向けてメンバーから届いたコメントをご紹介しよう。

ブライアン・メイ(ギタリスト)

QUEENの人気を後押ししてくれた日本は、私たちにとって今でも特別な国です。その日本の代表的な都市である銀座に、公園をつくったと聞いてとても驚きました。この”Ginza Sony Park”で行われるエンタテインメントとテクノロジーの融合は、遊び心に溢れ、来園されるみなさまにとっても、また私たち自身にとってもかつてない音楽体験になるだろうと感じています。自分たちの楽曲の新たな側面も発見できるかもしれません。私たちもこの QUEEN IN THE PARK で音楽にどっぷりと浸り、”遊ぶ”ことを楽しみにしています。

ロジャー・テイラー(ドラマー)

ブライアンの言う通り、このプログラムは私たちにとっても初めての体験です。ワクワクするような取り組みを数多く実施してきた”Ginza Sony Park”だからこそ実現できたと思っています。私たち一色に染まったこの公園での”聴く”だけではない音楽体験を通して、より多くの方々にQUEENの曲を楽しんでもらえたら嬉しいです。



#013 QUEEN IN THE PARK ~クイーンと遊ぼう~

開催期間: 2020年1月22日(水) ~ 2020年3月15日(日)
開催時間: 10:00~20:00
会場: Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)
料金: 入場無料
URL: https://www.ginzasonypark.jp/program/021/
SNSアカウント: @ginzasonypark (Instagram, Twitter, Facebook)
ハッシュタグ: #QUEENINTHEPARK #ginzasonypark

(冨田格)

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ