DracoVirgo、新たなる覚悟と誓い ハイカラMEG、ユウスケも登場した『Opportunity』リリースツアーFINAL渋谷の公式レポが到着

SPICE

DracoVirgo『Opportunity 2020~Rainbow Butterfly Tour~』
2020.1.25@Shibuya WWW


東名阪にて行ったDracoVirgo『Opportunity 2020~Rainbow Butterfly Tour~』が、この渋谷WWWでの成功をもって完遂した。同ツアーは1月15日に発売された彼ら待望の1stフルアルバム『Opportunity』を携え敢行されたもの。同盤は2枚組計24曲収録の大作であったが、この渋谷ではその全曲をプレイ。それらはライヴならではの流れやストーリー、アレンジやパフォーマンスを伴い、集まった各人を魅了していった。

入場時から既に彼らの世界観への誘いは始まっていた。スモーク漂うまだ無人のステージには2枚の今回のCDジャケットが守護神のように飾られ、淡い様々な着色が施されたベールが敷かれたり各所に被せられたりしており、それらが醸し出す神秘性が我々を出迎えてくれた。
DracoVirgo
DracoVirgo

『Opportunity』冒頭インストの「Rainbow Butterfly」がステージにてストロボが明滅する中、登場SEとして鳴り渡る。ステージバックのビジョンに映し出された今回のジャケットがゆっくりと回転を始め、まずはmACKAz(Ba)、SASSY(Dr)がステージに登場。間を空けMAAKIII(Vo)も登場した。ライヴは怪しさを保ったまま、シタールの音色がバンドサウンドにジョイン。1曲目の「“KALMA”」を形成していく。SASSYが生み出すダンスビートとmACKAzの5弦ベースの躍動感たっぷりなリズム隊が場内をいきなり高みへと引き上げていく。続く「清廉なるHeretics」に入ると美しいピアノの調べも交えMAAKIIIの歌声にも伸びやかさが加わっていく。中間部では各人のプレイヤビリティも炸裂。そのプレイに会場もグイグイ惹き込まれていった。
DracoVirgo
DracoVirgo

「最強に輝いて遊ぶぞ!!」とMAAKIII。ここからはMAAKIIIがかつてソロアルバム『兎に角、ジェネシス!!!!!』として発表し、DracoVirgoにてリメイクされ、『Opportunity』にも収録されていた楽曲たちが次々と現れた。合わせて背後の大型スクリーンにパースペクティブな映像が曲毎に出現。より歌世界を可視化させていく。そんな中、「超感覚的知覚」が会場も引き連れていくかのようにライヴを走り出させていけば、4つ打ちディスコテイックな「DASH!脱出!奪取!」が作品以上のグルーヴ感を伴って会場を踊らせていく。また、「kIRA○kIRA」ではミラーボールも回り至福感に場内が満ちれば、「トリックスター」に於いてはMAAKIIIの歌声にも艶やかさが加わっていくのを見た。
DracoVirgo
DracoVirgo

対してDracoVirgo本来の曲たちも負けてない。土着的なラテンのリズムが会場をバウンスさせた「Oh Eh Oh」、「阿弥陀の糸」ではサビのストレートさが会場を走り出させ、同曲の中盤ではMAAKIIIのスクリームも炸裂。また、疾走感の溢れる「FLY」ではガシッと会場とステージとで手が手が固く握られる瞬間と出会えた。そして、続いてのインスト曲「Massatsu」ではこれから…ってところで一度ブレイク。mACKAzとSASSYのコミカルなMCを挟みリプレイされ、以後、ドラムソロ~スラップ感たっぷりのベースソロと高いプレイヤビリティが味わえた。

再び『兎に角、ジェネシス!!!!!』ゾーンに移ると、先程まで白を基調とした衣装だったMAAKIIIが黒い衣装にチェンジ。「いーじゃんっ!」が気持ちを軽くしてくれ、「ココニオイデヨ」でのラテン性が秘めた情熱を伴い会場を踊らせにかかる。また、「スノーボールアース」の際には、会場中が天空まで引き上げられ、みなで眺めの良い景色を堪能した。
DracoVirgo
DracoVirgo

「高品質、高カロリー、高タンパク、初めてにしてベストアルバム!!」とmACKAzが『Opportunity』称すれば、MAAKIIIも「このアルバムは聴くよりむしろ食べて欲しいぐらい。今作で是非パンプアップして下さい。これからもいい曲を書いていきます!!」の誓いを用いライヴは後半戦へ。ここからは『Opportunity』からの曲たちが連射され、場内が次々に盛り上がりの起爆を魅せる。まずは「ハジメノウタ」が切なさと疾走感を同居させ、本来高揚感溢れるインスト曲だった「Opportunity」では、opptunityを共に叫び、ビーチボールたちが会場を飛び交った。

改めてになるが、このDracoVirgoは元HIGH and MIGHTY COLOR(以下 : ハイカラ)のMAAKIII、mACKAz、SASSYによるバンドプロジェクト。奇しくもこの翌日はハイカラの15回目のデビュー日でもあった。そんな中、「hanaichimonme」からは元ハイカラのギターMEGもゲスト参加。同曲をより色彩豊かにし、次曲「HATENA」での摩訶不思議でキテレツな世界観にも彩りを加えていく。また、本来インストだった「Magma」からは同じくハイカラのボーカルであったユウスケも加勢。グロウルなスクリームをアジテート気味に加えていった。対して「ABRACADABRA」ではタオル大旋回の壮観も拝め、ラストは楽しく踊って笑い飛ばそうと「SPAAAAAAAAAARK!!!」が会場に無数の幸せのワイパーの花を咲かせていった。
DracoVirgo
DracoVirgo

アンコール2曲は各々再び自身の足元を見つめさせるが如くの曲たちであった。とその前に、「むちゃくちゃエネルギーの交歓ができている気がする。今年もみんなと一緒により音楽を楽しんでいきたい。これからもみなさんの心に傷跡を残していく。そして少しづつでも一緒に強くなっていきたい!!」とMAAKIII。「自分とSASSYは今年、年男。みんなにとっても良い年したい」とmACKAzが場内に今年の抱負を。そして「KAIBUTSU」がこれからへの決意と決心、覚悟と誓いを込めてその種をまけば、最後は再びMEGとユウスケも登場。なんくるないさの精神を交え「RYUKYU」が作品以上の臨場感と激しさをもって贈られた。

DracoVirgo
DracoVirgo

「今日はみんなの厄を全部払ったから良い一年になるよ」とMAAKIII。それを立証すべく彼らは更なる「怪物」を目指し次のフェイズへと力強く向かった。2020年も彼らの更なる躍進に期待は募る。

取材・文=池田スカオ和宏 撮影=yukubo

『Opportunity』クロスフェード動画

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ